塾で水鉄砲を乱射…最強の帰宅部



―中学3年―


みんな受験一色に染まっていました。


学校で出された課題を確実に提出し、
塾で毎日夜遅くまで勉強する。


朝も早く起きて学校へ行き、先生に質問をする。



それはアニメとか漫画だけの世界であって、
僕の周りにそういう生徒はいませんでした…


周りだけでなくて当時の僕も、





生徒指導の先生「緒方!お前シャツが出とるぞ!」


緒方「はい…(出てたらいけないの?)」



昼休み


生徒指導の先生「緒方!またシャツでとるだろ!」


緒方「いや、出てませんよ(出てるけど面倒なんだよなあ…)」


生徒指導の先生「よし分かった。運動場走ってこい」


緒方「はい!!!」
(そのまま家に走って帰る)




って感じで、あまり真面目ではありませんでした。


授業形式の塾にも行っていたのですが、
個人勉強ルームみたいなところがあって
そこに友だちと早く集まって水鉄砲で戦ったり…


今思えば、何してんだって感じのことばかりしていたのです。。


もちろん水鉄砲公認の塾ではなくて、
隠れて戦っていたんですよ。笑


ある時、




緒方「くらえ!○○!!!」


○○「あっ…!」


パリンっ


緒方「ん?」


塾長「緒方くん、○○くん、ちょっと来て^^(怒)」




楽しい日々も、水鉄砲が塾長のお茶に命中し、
マグカップを割ったことで終わりを告げました…


塾長から何時間も説教をされ、
個別勉強も見張られたり…


それでも家に帰ればゲームゲームゲーム三昧で、
親に怒られながらも一切勉強することはなく。


そのまま受験へ。


中二から偏差値を15くらい落としていた僕ですが、
志望校を下げていたので難なく合格しました。


「人生甘いな。挫折?何それ?」


完全に舐めていました。




―高校生活―


難なく合格した高校ですが、
けっこう気に入っていました。


漫画で読んだような、番長もいましたし、
クローズみたいな(そこまでいかないけど)

「何高の○○と何高の△△がタイマンしたらしいぜ!」


みたいなカオスな雰囲気があったからです。


当時、僕は身長146くらいでしたので、
全く縁のない世界でしたが…



で、高校に入ったら絶対にやりたいことがあったんです。


それが、


最強の帰宅部になること


高校2年からバイク通学が許可されてから、
僕の最強帰宅部への道が完全に開かれました。


16時30分に帰りの会が終わると同時にバイク小屋まで全速力で走り、
そのままバイクに乗って全力で帰宅する。


そのおかげで、毎日公務員より早い17時には家にいました。


僕にとっての最強の帰宅部とは、
“いかに家に早く帰れるか”。


おそらく僕ほど最速で家路に付く人はいなかったでしょう。


ただ、途中で気づいたのですが…


家に帰ってもやることがない!


最強の帰宅部は1ヶ月で廃業となりました。


その後は、毎日友だちの家に行ったり、
学校を休んで街へ買い物へ出かけたり。


なんちゃってヤンキー生活を送っていました。


今思い出すと本当に恥ずかしい。笑


こういう過去を武勇伝のように語る人いますが、
僕にとっては恥ずかしい過去でしかないです^^;



そうやって何にも打ち込むことなく、
悪の道へ足を突っ込んだまま大学受験を迎えました。


大学受験も高校受験と同じように、
結局何もせず、ただただ毎日を無駄に過ごしていたのです。


そのおかげで、さらに偏差値10程度落としました。。。


この時点で偏差値40程度くらいしかなかったと思います。笑


それでも、夢はないし、やりたいこともない僕は
毎日友だちと遊び呆けました。


志望大学は、


・家から近い

・理系



この二つの理由だけで決め、
受験しにいったんです。


で、この大学って僕の偏差値でも問題なく、
というか確実に受かるようなところなんですね。


しかし…


センター試験の結果、判定C



それでも当時の僕は頭がおかしかったので、
すべり止めを受けず毎日ぼーっとしていました。


結果、、、


大学合格!


人生における二つの試練を、何の努力もなく、
何の挫折も味合わずパスしてしまったのです。


当時の僕はきっとこう思っていたでしょう。


人生なんてどうとでもなるよ。頑張りすぎる必要は一切ないね。




tugi
物語of緒方 第二巻