ネットビジネスを本業にするために会社を辞める時の理由

ネットビジネスを本業にするために会社を辞める時の理由

どうも緒方です。


ネットビジネスを本業にするため会社を退職する時。


この時の辞職理由として僕が実際に言ったものを
今回お伝えしようと思います。(決心しました)


これまで一度もお伝えしていませんでしたが
同じ境遇になり困っている方の助けになればと思い
記憶の奥底を探り探りお伝えします。


まず、会社を辞める時に必要なものは、

・退職届

(「辞職届」として出したような気もします。)


で、いきなり退職届を会社に出しても

「え?なになに?悩みあるの?聞くよ?」

となりますので、その前に直属の上司に伝えましょう。


僕が辞めた時は、

直属の上司に相談



総務部の部長と面談



僕が所属する部の部長さんと面談×3



退職届


といった流れでした。


社長との面談もあると言われていましたが
社長は相当お怒りだったのでしょうか…。


最後まで顔を合わせることはありませんでした。


で、先ほどの流れに戻ると、
各所で僕が伝えた内容を公開します。

直属の上司に相談

緒方:すみません…少しお時間いいでしょうか?


上司:おう、どうした?


緒方:ここではなんですので…

お時間取らせて申し分けありませんが会議室にお願いします。


上司:了解。行こうか。


ーーーー会議室


上司:で?話って何?


緒方:すみません。やめようと考えています。


上司:・・・何で?


緒方:突然申し訳ありません。

ネットの仕事を本業にしたいと思って
退職を考えています。

これまでも会社の仕事をしながら
帰宅して毎日勉強したり準備をしてきました。

準備が完了したと思っています。

入社して短い期間で申し訳ありませんが
退職させていただこうと思っています。


上司:分かった。部長にも相談してみるわ。


個人的なポイント:

遠回しにグダグダ言っていても
相手を苛つかせるだけだと思います。

なので最初に「辞める」ということを
伝えたほうがいいと思います。



総務部の部長と面談

(上司が部長に相談したあと、まずは総務部長と話になりました。)


総務:辞めたいって?どうした?


緒方:(課長に説明したことと同じ内容を話す)


総務:そうかあ。残念だけど分かった。

一生懸命やれよ!


(ここまではスッと、会社休みます!→分かった!並の軽さで
話がとんとんと進みました。しかし・・・)


僕が所属する部の部長さんと面談×3

部長:やめる?何言ってんの?

君が入社してここまで育てるのにいくらかかったと思ってんの?

ダメだよ。辞めるのはまだ早い。


緒方:申し訳ありません。

でも、僕はそれでもネットでの仕事を本業にしたいですし
中途半端な気持ちでどちらの仕事もしたくないのです。


上司:ていうか、なんで副業してるの?


緒方:(やばい・・・正論きた。。。)

そのことも申し訳なく思っています。

最初はネットでの知識をつけている内に(ネットの知識…)
ネットでお金が稼げることを知りました。

そのまま勉強していたらのめり込んで、
これを仕事にしたい!と思ったんです。


上司:副業にするつもりはなかったのか。

で、稼げてるの?


緒方:まだです。


上司:は?社会なめてない?

もし会社辞めてそのあとどうするの?


緒方:本業にして今以上に時間が取れたら

すぐに稼げる自信があります。


上司:話にならん。


(これと全く同じ流れの話し合いが合計3回ありました。

基本的に流れは同じですが、最後だけ少し違うのでそこを書きます。)


上司:分かった。本当に辞めるんだな?


緒方:はい。


上司:覚悟は分かった。でも僕としては辞めないほうがいいと思う。

僕から言わせてもらったら君は若い。

若者がただ暴走してるだけにしか見えない。


緒方:すみません。僕は辞めます。

色々と考え決断しましたし、これから成果を上げられるよう
一生懸命頑張っていきます。

たとえ今認めてもらえなくても。


上司:もう何も言わない。

あと1ヶ月は頑張ってね。


緒方:はい。仕事は一生懸命頑張らせていただきます。

何度もお時間を取っていただきありがとうございます。


退職届

退職届の内容は思い出せませんが…
ネットにあるテンプレのまま書いたと思います。


理由は「私情」にしました。



過去を振り返って

会話は概ね上のような感じです。


途中から「この記事役に立つのかな」と思いましたが
最後まで書ききりました。


上の会話からも見えるように、部長からすると
“僕は生意気な若造”に見えたと思います。


結果として、部長とだけは喧嘩別れのような感じでしたが
僕のことを考えてくれていて嬉しかったです。


今後は就職したりバイトをすることはないと思いますが
退職の時は何度体験しても苦手です。。。

(バイトを何種類もしてきたので、退職も何度も経験しています。)


速攻型正攻法(緒方公式メルマガ)

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

下の記事もよく読まれています

コメントを残す