自分が思いついているアイデアは同時に3人以上が思いついている法則

自分が思いついているアイデアは同時に3人以上が思いついている

どうも緒方です。


僕がネットビジネスを始めた時に陥ったある法則について
今回はご紹介と警鐘を促したいと思います。


僕のビジネス開始当初は、多数のバイト経験もあってか

・こうしたら面白いことができそう

・既存のサービスにこういったものがあれば

・こんなサービスを作れば稼げるのでは?

などなど、様々なアイデアが出てきました。


そしてどのアイデアに関しても、

「これって世界初なんじゃ…?」

と思っていました。笑


結論から言うと、

自分が思いつくアイデアは同時に3人以上が思いついています。


もっというと、

ビジネス開始当初に思いつくアイデアなんて
すでに誰かが考えついているんですよね。


僕と同じことを考えていて、
さらにそれを形にしている途中だったり
実はすでに完成していて衰退しているとか。


または、僕が考えたアイデアのさらに上のことを考え
しかも形にしているようなことも。


そういうことを何度も経験してきました。



このような経験から、アイデアを出しても脳内で

・誰かやっているのでは?

・僕の力で形にできるか?

・外注を雇って形にしたとしても採算は合うのか?

このようなことを考え、結果として以前よりも
アイデアを慎重に出すようになりました。


アイデア自体は以前よりも多数出てくるのですが
世に出すとなれば以前より慎重になったという感じです。



今現在ビジネスを始めたばかりで
僕と同じ状況の方は多いと思います。


たしかにアイデアを出すことは大切です。

大切ですし、むしろ出したほうがいいです。


でも、もっと慎重になったほうがいいです。


アイデアを単なる机上の空論で終わらせないため
実際に形にしていきましょう。


そのために、アイデアの質を高めていく、
アイデアを洗練させることが重要です。


そのためアイデアを出す時に以下の要素を盛り込んでみてください。


・本当に他の人が思いついていないか?


・似たようなアイデアを考えている方のアイデアを
自分のアイデアに取り入れられないか?


・実現させることは可能なのか?


・実現させた時に採算は合うのか?
(外注費との兼ね合いなど)


もっと他にもありますが、まずはこれだけ。


この4つだけを盛り込んで考えてみてください。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

下の記事もよく読まれています

コメントを残す