コピーライティングを使う上で意識すべき3つのONE

3つのONE
どうも、緒方です。


今回の記事では、コピーライティングの基本知識として、
『3つのONE』について解説します。


3つのONEとは、

・One Message

・One Market

・One Outcome



一つずつ解説していきます。

One Message

One Messageとは、

メッセージを一貫するということです。


文章中で様々なことを言っていきますが、
最終的には一貫して一つのメッセージを伝える文章にする。


多くのことを伝えたいのは分かりますが、
複雑な文章を書いてしまうと読者は混乱します。


少しでも”?”がついてしまうと、
その後を読み進める言動力だってなくなります。


結果として、”NO”になってしまうんですね。


ですので、シンプルかつ単純な文章にするため、

一つの文章では一貫して、一つのメッセージを伝える。


これを心がけてください。



また、オファーも一つにする必要があります。


一つの文章で、2つも3つもオファーを出すのではなく、
一つの文章で一つのオファーを出しましょう。



One Market

One Marketとは、

市場を一つに絞るということです。


一つの市場に特化しないことで、
反応が低くなったり、全く反応が取れなくなります。


アフィリエイトの情報発信をしているのに、
FX系の商材をアフィリエイトしても、あまり効果を得られないですよね。


そのため、市場は一つに絞っていきましょう。



One Outcome

One Outcomeとは、

出口を一つに絞るということです。


自分がオファーしたい商材を購入して欲しいのに、


「私のプロフィールはこちら」

「私のこれまでの実績はこちら」


などなど。


このように、行動して欲しいことを書くと、
お客様は様々な出口から、別のページヘと行きます。


帰ってきてくれる保証はないのです。


ですので、

出口は一つに絞って、その出口に向かわせるコピーを書く必要があります。


購入ページに飛んで欲しいのなら、

「今直ぐ下のリンク(出口)をクリックして購入してください」などです。




以上が、『3つのONE』についての解説となります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す