無料レポートカバーを無料で綺麗に作る方法

1111無料レポートを出すときにデザインが綺麗だと、
ダウンロードしてくれる確率が上がります。



ですので、必要ないと思わずに、
デザイン面でも魅せていくようにしましょう。



今回は、3D-box makerでのブックカバーの作り方を説明します。



1.3D-BOXへアクセスする。


こちらからアクセスできます。



2.画像を選択する。


1


このように画像を選択していきます。


bookで説明します。


1にいれた画像が、本の表面になります。

2に入れた画像は、本の裏面になります。

3に入れた画像が、本の背表紙になります。


ちなみに綺麗に見える画像サイズの目安は、
1を250×360、2が250×360、3が45×360です。


このサイズの画像を挿入すれば、綺麗なブックカバーを作成出来ます。



3.画像を入れてみる。


では実際に画像を入れてみましょう。


1には、


21


2には、


20


3には、


3


これらの画像を試しに入れてみます。


画像サイズは先ほど上記で言ったサイズのものを用意しています。


では、画像を入れると下のプレビューの場所に本が出ますので、
左クリックしながら動かしてみてください。


入れて見るとこのような結果になりました。


2


3


実際に入れてみて気づいたのですが、
最初に本の背表紙をどっちに持って行きたいのか
考えた方がいいです。


例えば、背表紙を左にしたい場合は、
裏面の画像は適当でいい。


右に持って行きたいなら、背面の画像だけ
きちんと作ればいいというように。


完成の画像を見れば分かりますが、
前面と背面を同時に出すことは不可能なのです。


ですので、背表紙の方向を考えると、
1つ画像を作る時間を短縮できます。



4.画像を保存する。


好きな向きになったら、あとは保存するだけです。


100


『PNG』『JPG』『GIF』のどれかを選んで、
選択して下さい。



これでブックカバーの完成です。


参考までに、book以外の4種類の画像サイズも載せておきます。


5

※クリックすると、拡大します。


記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す