マーケティング・コピーライティング・ブランディングとは?それぞれの重要度

三大スキル
どうも、緒方です。


今回の記事では、ネットビジネスにおける
ブランディングの重要性をお伝えしていきます。


ネットビジネスで成果を出していくためには、
3大スキルを高めていく必要があります。


3大スキルとは、

・マーケティング

・コピーライティング

・ブランディング



この3つのどれもが重要です。


「マーケティングが最重要!」

「コピーライティングが最重要!」


このようにいう人がいますが、
重要度はどれも変わりません。


強いて言えば、

マーケティングを高めるには、
他の二つのスキルを高める必要があります。


コピーライティングは、車の車輪のようなもので、
これを学ばずしてネットビジネスは回りません。


ブランディングスキルを高めていかなければ、
ビジネス拡大は難しいと言えます。


ですので、どれも重要であり、
重要度に違いは存在しません。



そしてこれらのスキルは、一つが高まれば、
他のスキルも高まっていきます。
(コピーライティングは例外だと思っています)


例えば、コピーライティングが高まれば、
マーケティング時に優位に働きます。


ブランディングが高まれば、
マーケティングする分母が大きくなります。


ですので、

全体的に高めていく必要があるのです。



では、それぞれのスキルを解説します。

マーケティング

マーケティングは利益を上げる活動全てです。


現在は、プロダクトローンチやプロモーションアフィリエイト、
心理学を用いたマーケティングなど多数あります。


が、

本来マーケティングとは単純なものなんです。


見込み客との信頼関係構築⇒販売


この流れを行うだけです。


この信頼関係構築やセールスを円滑に成約出来るように、

ブランディングだったりコピーライティング、SEO、クロージング、
リストビルディングなど必要になってきます。


だからこそ、一つひとつのスキルを向上させることで、
販売が円滑になるので大きく稼げるというわけです。



このようにシンプルに考えられず、
マーケティングの型にはめることしか出来なければ、

それはマーケティング力は低いと言えます。


マーケティング力が高い人とは、

スキル一つ一つが高く、さらに状況に合わせたマーケティングが出来る人のことです。



コピーライティング

コピーライティングは、車でいうところの車輪です。


コピーライティング力が低いままだと、
ブランディングが形成し難いです。


ネットビジネスでのブランディング形成は、
大部分をコンテンツにより行います。


そのコンテンツを作るために
コピーライティング力が必要なのです。


ですので、コピーライティング力が低ければ
ブランディングの形成に時間がかかりすぎます。



また、マーケティング時にもコピーライティングは
大きく関わってきます。


ここでコピーライティング低いと、
セールスも上手く行きにくいのです。


つまり、コピーライティングは、

ビジネスを回すために最低限身につけなければならないスキルなのです。



ブランディング

ブランディングは、ビジネス拡大に必須スキルです。


アップル社が時価総額世界一の理由も、
『アップル』というブランドが世界的に認知させているのも、

ブランディングに力を入れているためです。


このようにブランドを認知されていくことで、
リピーターが多くなってきますよね。


ダブルマーケティングファネル理論を意識したビジネス展開をするために、
最も関係があるのはブランディングなのです。


つまり、

ビジネス拡大に最も関わってくるスキルであると言えます。


ですので、ビジネス拡大を行いたいのであれば、
ブランディングスキルを高めましょう。



以上が、ネットビジネスにおける3大スキルの解説となります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す