コピーライティングを使う上で意識すべき4つのNOT

4つのnot
どうも、緒方です。


今回の記事では、コピーライティングの基本知識として、
『4つのNOT』について解説します。




コピーライターが超える4つのNOT(壁)とは、

・Not Open

・Not Read

・Not Believe

・Not Act



一つずつ解説していきます。

Not Open

まず最初の壁です。


『開かれない』という部分です。


あなたがメルマガを書いても、セールスレターを書いても、
開かれなければ意味がありません。


意味が無いのです。


読むか読まないかの選択以前に、
連絡が来ていても見てくれないのです。



これを解決するためには、

信頼関係の構築が重要だと思っています。


親しい友だちからのメールだと、
開かないなんてあり得ませんよね。



Not Read

ここが最大の障壁です。


『読んでもらえない』という部分です。


メールが開かれても、読みたくない文章であったり、
内容が知れているもの。


そのような内容であれば、
開かれても読まないのです。



読まれるようにする対策として、

コピーライティング力の向上が必須です。


誰もが読みやすいと思ってもらえる文章にするため、


・改行の適切か

・章立て(目次)

・文頭に御礼を言う

・-メルマガであれば件名を工夫

 -セールスレターであればヘッドの強化



などなど、工夫する場所は様々です。



Not Believe

次の障壁として、『信じてもらえるか』があります。


書いてあることを信じてもらえなければ、
望む行動をしてもらうことは出来ません。


そのため、

普段からのブランディングが大切なのです。


「この人が言うなら本当だろう。」

「この人だったら、嘘をつくわけがない。」


と、思ってもらえるようなブランディングです。


普段の情報発信を着飾らずに、
真摯に行うことが肝だと感じています。



Not Act

そして最後の壁です。


『行動しない』ってことです。


Not Believeまで超えられたら、
ここを超えるのは簡単です。


読み進めてもらって、内容を信じてもらえたのであれば、
あとは行動してもらうだけです。



行動してもらうためには、

行動して欲しいことを明記する必要があります。


「購入ボタンを押して、新たな自分に生まれ変わりましょう」


などなど。


最後のひと押し、背中を押して上げる文言を明記することが
Not Actを超える秘訣だと思っています。



以上が、『4つのNOT』についての解説となります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す