”利益を得ないことは美徳”という謎の風潮 in Japan

”利益を得ないことは美徳”という謎の風潮 in-Japan

どうも緒方です。


最近YouTubeめぐりにはまっているのですが
その中で気になる意見を見つけたので考えていきます。


ある時、いつものようにYouTubeの動画めぐりをしていました。


といっても、一つの動画を再生したら次の動画が
自動再生されるだけです。笑


自動再生で流れてきた動画内で、

「この動画は趣味でやっています!
なので広告も貼ってないし楽しんでくださいね!」

といったことを言われていて、
ん?と思いました。


そのチャンネルの再生数はまだまだ少ないけれど
動画の更新頻度を考えたら今後は再生数も登録者数も伸びていく。


伸びていくことを考えたら
ビジネスにしたほうがいい。


・・・まあここは個人の考え方なので
僕がどうこういうべきところではないけれど。


ただ、さっきの言葉が気になっていたんです。


「ー広告も貼ってないし楽しんでください」


というのも、ヒカキンさんの動画や有名YouTuberの動画の
コメント欄でも同じようなことが言われていたからです。


「所詮こいつらはお金儲けのために動画出しているから」


こんな意見。


似たような意見をYouTubeの各所で見ていた僕は
自動再生で流れてきた動画の言葉を聞いて驚いたのです。


もしかして…


『利益を得ない=美徳』


こう思っている人が大半なのか?と。


これってどうなの?


というのが今回のテーマです。


前振りが長くて申し訳ありません。


で、これってビジネス的な観点から言うと、
おかしい理論なんですよね。


そもそもビジネスとは、価値とお金を交換するもの。


だから、一方的な価値提供になりビジネスが成り立たない。


YouTubeに当てはめると、


動画投稿者=視聴者が見たいと思う動画(価値)を提供


視聴者=検索して見たい動画に行き着く
動画再生時に気になる広告をたまにクリックする(お金)


こうやってビジネスが成り立っています。


それなのに、YouTubeのコメント欄には
ビジネス崩壊に繋がるコメントが多々見受けられる。



ただ、YouTuber系のYouTube動画を見ている層が
小~高校生だから的はずれなコメントをしているのか?

という見方も出来ます。


でも・・・

年齢は関係ないんじゃないか?と思うんです。


今回はYouTubeで例を上げましたが


・アプリストア

・ゲーム攻略サイト

・テレビ


僕が確認した限りでは、こういった場所にも
似たようなコメント等が多くありました。


YouTubeと近い年齢層が利用するものと思われがちですが
この3つの利用者は幅がとても広いです。


僕が認識している範囲だけでも40代後半の方も
これらを利用しています。


つまり年齢は関係なく、

『利益を得ない=美徳』

この理論を持っている人が多いということ。


その中でも酷いのがアプリストア。


無料アプリのレビューの中に、


「広告がはってあるアプリだからやめたほうがいいよ」

「無料って書いてあるのに広告あるじゃん」


このような意見が多々見受けられる。


これらの意見も、


『利益を得ない=美徳』


という考えが根底にあるから生まれるものじゃないでしょうか。



僕がネットビジネスに参入した時に、


「日本はお金に対する教育が遅れている」


と誰かが言っていましたが、最近は本当に実感できるレベルで
そういう現場を見かけるようになりました。


でも、僕らがやっているのはビジネスであって
ビジネスをやるのであればこれらの意見に屈してはいけません。


屈すというよりもこういった謎の風潮に負けて
お金を稼ぐことに躊躇してはいけない。


YouTubeをしている人も、アプリを作る人も
意味不明な風潮に負けずビジネスをしてください。


彼らの言葉に耳を貸して本当にお金稼ぎを辞めたら
素晴らしい文化や技術がどんどん衰退していく。


いや、耳を貸すことなんてないと思っていたけれど
実際にそういう人がYouTubeからも出てきているから心配なんです。

(前々からこのような意見はあったけれど
誰も耳を貸してないと思い安心していたのですが…)


日本の素晴らしい文化を守るためにも、
素晴らしいクリエイターの資産を守るためにも
しっかりビジネスをしていってほしい。



そしてアフィリエイトをしている人も同じですよ!


よく2chなどで、アフィリエイトをしている人のことを


「アフィカス」「アフィ厨」


なんて言われますが、無視無視。


彼らがアフィリエイターを”そう”呼ぶことに関して
僕は「嫉妬」とは言いません。


もしかしたら、アフィリエイターのせいで
実際に何らかの被害にあってしまった可能性もあるし。


でも

中には「単に周りが言っているから」という人もいるのでは。


というか、明らかにこっちのほうが多いですよね。
裏付けできるデータはなく完全に僕の勘ですが。


それでもアフィリエイトを現役でしていると見えてくることがあって。


アフィリエイト広告をクリックした先で
何らかの被害にあう可能性は考えにくいんですよね。


クレジットカードの情報を抜かれたり、
ワンクリック詐欺にあってしまったり、


広告はASPから取得し載せるため、
そういった害悪案件はASPの審査に通らないんです。

(多くのASPの場合。)


となると、やはり「単に周りが言っているから」が多いと思う。


それを踏まえて言いたいことがあります。


そんな意見に流されんな。


自分が一生懸命インプットした知識、
初めて実践して失敗した苦い過去。


実践を積み重ねてようやく、ようやく…
初報酬を得た時の感動。


これらを、顔も分からない匿名の誰かに
すべて否定する権利は一切ない。


そして匿名の誰かの意見に怯える必要もありません。



話はずれましたが、アフィリエイターに対する
悪意ある誹謗中傷も元を正していくと


「広告をはってあるアプリだからやめたほうがいいよ」


という、アプリに対する意味不明な意見と同じ。


そしてこの意見の元になるものは


『利益を得ない=美徳』


結局この考えになるのではないでしょうか。


もうね、この理論ははっきり言って
ボランティアをしている人にしか当てはまらない。


僕もメルマガやブログを無料で公開していますが
これもビジネスの一環としてやっています。


集客になるから。


集客して人がいっぱい集まると
参加型の面白いビジネスを作れるから。


みんなも楽しみながら、自分のビジネスを作っていけるから。


だから無料で情報を公開しているのです。


Googleのような大企業も同じ。


無料で圧倒的なサービスを提供するのは
ビジネスの一環であるから。


人を集めるため。



だから、変な風潮に流されずに
胸を張ってビジネスをしてください。


あなた(アフィリエイター)は大企業と同じ
ビジネススタイルの仕事をしているのですから。


それでも意味不明な意見が目に入ってしまうなら
一旦ネット検索をお休みするといいです。


彼らはリアルでは、そんな意見を言うことはできません。


なぜなら、ネットのどこかで見聞きした情報を
自分のフィルターを通さずただ使っているだけだから。


顔の見えるリアルで、そんな根拠のない情報を
面と向かって言える人が日本にどれだけいるでしょう?


極々少数ですよね。


なので、ネット検索をしなければ、
(意識的にそういったワードを調べなければ)

自分のビジネスを精神的にストップさせる要因は
視覚でも聴覚でも感じることはありません。


ただ前を見て頑張りましょう!


今回の記事はこういった謎の風潮に負けそうになっている方へ
僕からの全力の応援文です。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す