Amazonのアカウントが乗っ取られた時の対処法と対策

Amazonのアカウントが乗っ取られた時の対処法と対策

どうも、緒方です。


今回はAmazonのアカウントが乗っ取られた時の
対処法に関してお伝えしたいと思います。


つい先日、夕飯のオムライスを鼻歌交じりに作っていたら
iPadに連続で2件のGmailが届きました。


料理中だったので無視していたのですが
「Amazonから」ということで気になり確認。


すると、以下のようなメールが・・・。


1通目:


1


ナニコレ?


注文した覚えがない…
というよりも、Amazonを何年も利用していないのに…


そして、この受取人のところにあるメールアドレス
完全に知らない人なんですよね。


ここで焦りましたが、

2通目:


2


助かった。笑


おそらく、すでに解約したクレジットカードだったため
認証が得られなかったようです。



で、こんなにAmazon利用していない僕のアカウントが
なぜ乗っ取られるのか?


調べつつ考えてみましたが
答えは出ませんでした。


ウイルス対策ソフトも入れてるし
ウェブブラウジングも気をつけています。


それでも乗っ取られる時は乗っ取られるし
こういうのは偶発的に起こるらしい。


だったら、僕らに出来ることは対策だけなんですよね。


幸い僕の場合は使っていないクレジットカードだったので
なんとか助かりましたが多くの人は助からないかと。


そういう時の対処法も合わせて今回お伝えします。

Amazonアカウントが乗っ取られた時の対処


購入されたものを確認する


Amazonアカウントが乗っ取られたら、
犯人は必ず何かを注文します。


あなたの購入履歴を見たくて乗っとるわけではありません。笑


なので、必ず何を購入されたか確認してください。



クレカの会社に電話


続いて、Amazonに登録しているクレジットカード会社に
今回の事件について電話で説明してください。


もし夜中等であれば、翌日で大丈夫です。

(事件直後も翌日に電話するのも同じです。)


電話した時に伝えるのは以下。


・Amazonで誤った取引があった

・◯◯と◯◯が購入され合計金額が△△円

・何月何日何時何分に購入された
(メールやAmazonで日時が確認できる)



これらを伝えることで、一時的に請求が止まります。



Amazonに電話orチャットorメール


本当は、クレカの会社に電話するよりも
こちらを先にしたほうがいいです。


ですが、やはり心配して焦ってしまいますので
クレカを優先しても問題ありません。


で、Amazonでは3つの問い合わせ方法があります。

・電話

・チャット

・メール


上の2つはリアルタイムに返信が返ってくるタイプ
メールは時間を置いて返ってくるタイプ


このように分かれますが、電話もチャットも
結局は調査に時間がかかってしまいます。


なので、メールと同程度待つ必要がありますし
正直何で問い合わせても同じなんですよね。


でも…


こういう時って、焦りとか怒りがAmazonに向かっていますので
直接リアルタイムで言いたくなりますよね^^;


そうであれば、上の2つの方法でいいと思います。


伝える内容は以下。


・アカウントが乗っ取られた

・◯◯と◯◯の注文をしていないので取り消して欲しい

・注文番号も伝える


これだけをいずれかの方法で伝えると
Amazon側で調査してくれます。


調査が終わると登録しているメール宛に
調査結果が届きます。


その調査結果をクレカの会社にも伝えてください。


以上が対処法です。



Amazonアカウントが乗っ取られた時の対策


Amazonの調査待ちの間に、同じ犯人に乗っ取られないよう
対策を施していきます。


Amazonサポートの方いわく、

・アカウントのパスワード変更で大丈夫

とのことですが・・・


心配ではありませんか?


僕は心配でしたので

・メールアドレス

・パスワード

すべてを変更しました。


一応これだけ変更しておけば大丈夫です。


ただ、パスワードだけでも安心とのことですので
時間がない場合はパスワードだけ変更してください。



現状では対策ってこれだけしかないんですよね…。


他にも方法を考えましたが…


・乗っ取り犯を捕まえる ← どうやって?

・Amazonのセキュリティを強化する ← 個人の力で?

・Amazonのアカウントを削除 ← 確かにこれはいい


こんな案しか思い浮かびませんでした。


まあ僕はいいのですが、Amazonをよく使う場合は
アカウント削除なんて現実的ではないと思います。


そういう場合は、登録しているクレジットカードを
毎回削除するというのがよさそうです。


これはAmazonに限らず、Facebookでも何でもそうです。


クレジットカード情報を登録したままにすることで
そこに乗っ取り犯はつけこんできますので。


乗っ取り犯が悪いのに何でこっちが面倒なことを…

と思うかもしれませんが、今後のためにも対策しておきましょう。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す