ネットビジネスにおけるビジネスメールの作成方法

名称未設定-2
どうも、緒方です。


今回の記事では、有力アフィリエイターにも気に入られる
ビジネスメールの作成方法について解説します。


ビジネスメールと言っても、ネットビジネスで実際に使うシーンは、


・お問い合せ時
・メールの感想を送る際


この二つが最も多いのではないかと思います。


そこで、ここに照準を合わせて、
適切な送り方をお伝えします。


まず僕がビジネスメールを送る時には、4つのパーツに分けています。


・件名
・冒頭
・本文
・文末



この4つです。
それぞれ解説します。

件名

件名は必ず書くようにしましょう。


自分から問い合わのメールを送る場合は、


「○○と申します。~についてご相談したいことがあります。」


このように、名前+要件を明確にしましょう。



そしてこの質問に返して返信があった場合、件名が、


「Re:○○と申します。~について相談があります。」
「Re:(相手がつけた件名)」


このいずれかで返ってくると思います。


このメールに返信する場合も、一度全て削除して、
新たに件名を付けて送りましょう。



細かい部分ですが、僕だったらこのような細かい作業でも
好印象だなと感じます。



冒頭

冒頭部は、こちらから送る場合も、
返信時も共通して同じ内容を必ず入れます。


それが、


「○○様(○○さん)

いつもお世話になっております、△△(自分の名前)です。」


この一文があるかないかだけで、印象が変わってきます。


僕も最近よくお問い合わせが来るようになったのですが、
名乗らない人が非常に多いです。


これはちょっとビジネスマンとしてどうかと思いますので、
必ず入れるようにしましょう。



本文

本文で大切なのは、明確に内容を伝えることです。


そこでコピーライティングの重要要素である、
3つのONEを意識するようにしてください。


一つの返信に対して、一つの質問をするということですね。


複数ある場合も、優先度の高さを明確に出来るような文章だと
返信者も非常にありがたい文章となります。



文末

文末は、比較的自由な部分だと感じます。


だからこそ、ここをしっかり書けるかどうかで、
反応が変わってくる箇所でもあるのです。


僕の場合は、


「・・・・・・・・・・。


お手すきの時にでも、ご返信いただけると幸いです。




緒方翔太(しょっぴ)」


このように返信することが多いです。


最後まで相手の時間をしっかり考えている、
その上で質問にも答えていただきたい!


っていうのを表せられる文章にしています。


参考にしてみてください。



以上が、僕の考えるトップアフィリエイターに気に入られる
ビジネスメールの書き方です。


実際にこのようにメールを改変してからは、
業界トップの方からも返信をいただけるようになりました。


業界トップの方と小さいコネクションを作っておくと、
後々いい方向へと作用する可能性もありますので
ぜひ参考にメールを書いてみてくださいね。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す