アイテム使い放題の謎―真相究明編―

z前回に引き続きラインのアイテム使い放題の謎を
解き明かしていきます。



その際に前回の電化製品屋の話が参考になりますので、
そちらの回答をまず書きます。



まず前回の話を覚えていない人のために復習しましょう。



―前回の復習―


電化製品屋は向かいに出来た大型量販店の影響で客足が途絶えた。


閉店まで追い込まれているが、
店を畳むにしても在庫が残りすぎている。


しかし電化製品屋はなんとか在庫を全て売り払って次の人生を歩みたい。


そこで知り合いのコンサルタントに連絡して、
恐ろしい戦略を授けられる。


その戦略を実行して、成功すれば在庫をほぼ0に出来る、
失敗すればさらに大赤字を抱えて倒産せざるを得ない。


電化製品屋は、現状維持していてもらちが明かないので、
その作戦を実行した。


結果・・・


在庫をほぼ売り払うことが出来、
次の人生を歩むには十分な資金を得ることが出来た。


もちろん店も畳んだが、
それでも十分すぎるお金が余った。




ではこのコンサルタントの人はどんな戦略を授けたでしょうか?


ってところで前回は終わっていたと思います。


自分なりに思考して考えてみたでしょうか?


何度も言いますが、
僕らは答えを待っているだけではいけません。


思考し自分なりの意見を出すこと。


それを繰り返すことで、
自分の中に一本の芯が出来上がるのです。


芯が出来上がり、強固にしていくことが出来れば、
それが自分がコンサルする場合に一つの指針となり得ます。


このことはメルマガの方が詳しく解説していますので、
こちらから登録してみて下さい。



では答えを言います。


このコンサルタントが電化製品屋に授けた戦略は1つ。


店に残っている在庫をなじみ客に全て無料で2週間貸すこと。


これだけです。


これを行って失敗した場合は、
新品の電化製品が全て中古になってしまいます。


そうなれば在庫を業者に売りさばいても、
赤字は増えて借金地獄になってしまうワケです。



しかし電化製品屋はこの戦略を実行しました。


まず今まで来ていた既存のお客さんに対し、
無料で最新電化製品を2週間貸し出すことを広告します。


そうすると、なじみの客は押しかけます。


みんな好き勝手に好きな電化製品を借りていくのです。


そして2週間後・・・


レンタル終了後に返品したのは少数で、
他大勢の人はレンタルした電化製品を購入したのです。




自分に置き換えて考えてみて下さい。


例えば今まで、22インチのテレビを使っていたとします。


しかし今回の無料レンタルで、42インチの最新テレビをレンタル。
画面の大きさも格段に違いますし、解像度も段違いに高いのです。


そんな生活が2週間続いたとしたら、
15日目から22インチの解像度の低いTVの生活に戻れますか?


結婚して奥さんと子供がいる男性なら、
尚その生活から離れられないと思います。


だって、けちってレンタル後に返却したら
大バッシングを受けるでしょうから。笑



結果としてこの作戦は大成功に終わりました。


そのおかげで電化製品屋はほぼ全ての在庫を売りさばいて、
店を畳んだのです。


もちろん多くの貯金をして。



これって今回のラインの戦略と似ていませんか?


というか僕は同じ類のものだと思っています。


ラインゲームが一時的にアイテムを全て無料にする。


今までアイテムを使ったことがなかった人にとっては、
初めての体験。


得点が伸び悩んでいた人は、
一気に自己最高記録を更新できて驚いたでしょう。


そんな生活が2日程続いたら・・・


またアイテムなしの生活を延々と続けられるか?


少なからずアイテムを、たまにでも購入する人が増えたと思います。


人が多い媒体でその戦略を使い、
利益を最大化させたことは称賛に値します。



昔から商売は『損して得を取れ』と言いますが、
まさにこの戦略がそれですね。


僕らもこの戦略を上手く使えば利益を最大化出来ます。


使い方としてヒントを出すと、『別に無料じゃなくてもいい』です。


今回の2つの例では無料で出して利益を最大化していますが、
有料で出して利益を最大化させることも出来ます。


使う場所が分からないって人のために1つ使える場所のヒントを出しますね。


Skypeコンサル】です。


どう使うかは考えてみて下さい。


これは答えを言いません。


もし知りたい場合は僕にメールをくれれば教えます。



ではでは!

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。