才能 vs 努力

effort
どうも、緒方です。


今回の記事では、ネットビジネスで成果を出すために
才能と努力、どちらが大切なのか経験を元に話していきます。


下記の動画を見て、才能と努力どちらが大切なのか確認してみてください。





ネットビジネスは稼げるビジネスであるにも関わらず、
難しいからとか大変そうだからと、敬遠する人がいます。


お金を稼ぐ以上、大変なことは当然です。


例を挙げましょう。


フィギュアスケートで有名になりたい人がいたとします。


フィギュアを習うのには、莫大なお金がかかります。


じゃあその莫大なお金を払って学べば確実に有名になれるのか?
と言えば、そうではありませんね。


有名になれる人は限られてくるのです。


そこで多くの人が思ってしまうのが、

成功するためには才能が必要』ということです。


もちろん、才能があるに越したことはありません。


才能があれば、才能を持たない人よりもスタートダッシュは早いです。


ただ、才能があったとしてもその後努力できなければ、
才能がなくて努力した人に抜かれてしまいますよね。


才能があって努力までされたら、
僕のような凡人は死に物狂いで努力が必要になります。笑


ですので成功するかどうかは、才能ではなく『努力量』にかかってくるのです。


では、努力するとは何なのか解説していきます。

努力するということ

先程例にだしたフィギュアで考えてみましょう。
有名になれている人と、なれない人の違いは何かというと、

“努力量”です。


「努力したけど・・・」

そう言いたい気持ちは分かりますが、
努力したのに成功できない人は2パターンに分かれると思っています。


1.努力量が足りていない

2.努力の方向が間違っている




多くの人が、1の場合が多いです。


成果を出していても、さらなる成果を求めて、
影で死に物狂いになって努力している人もいます。


表には出しませんが。



ただ、2の場合。


フィギュアの選手が、簡単で自分が得意な演技ばかり練習し、
自信ばかり付けているとします。


しかし、それはただの自己満足であり、
成長するための努力ではないのです。


努力の方向性が間違っていることになります。


得意な部分を磨くことは素晴らしいですが、
それだけで満足していては成長は遅いです。



成長が早く、本番で素晴らしい演技をしている選手というのは、
辛く苦手な部分の練習をたくさんします。


辛いと感じるのは、自分が出来ていない技だったり、
不得意である技の練習をするからなんです。


辛い練習に耐え、それを”得意”に近づけることで、
演技の質は向上し、お客さんにも満足してもらえます。



ネットビジネスのネットビジネスで稼ぎたいと思っている人も、
得意な部分と苦手な部分が違っています。


文章を書くのが苦手だったり、ビジネス書を読むのが嫌いな人。


このような場合であっても成功することは出来ますし、
現にこの条件で成功している人はいます。


ただ、上の2つで成功するためには


・文章を避けたビジネス

・ビジネス書に書いてあるような専門用語の飛び交わないビジネス


など、範囲が狭くなってしまいます。


苦手を避けると自分が成功できるビジネスは限られてきますし、
やりたくないビジネスしか出来ない可能性だってあります。


やりたくないビジネスを続けることは出来ませんし、
報酬だって得られません。


だから多くの人がネットビジネスで稼げないのです。



しかし、ネットビジネスにおいては、
苦手克服をせずに生き残る方法があります。


他の人が持っていない武器を努力によって手に入れればいいのです。


例えば、

好き:マンガやアニメ、ゲーム

嫌い:ビジネス書、文章を書くこと


このような条件であれば、デザイン面で惹かせたり、
ビジネスと漫画を絡めた面白い動画を撮ったり。


他の人が持ち合わせていない、”武器”を作ればいいのです。


これは才能ではなくて、努力によって手にすることが出来ます。



ネットビジネスって大変そう・・・
って諦めていたら何も始まりません。


まずは行動。


作業して苦手があれば、努力で補えるレベルの武器を作っていく。


これにより、お客さんに価値提供することが出来ますし、
ファンだって付いていきます。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す