Fetch as Googleで新たに選択できる「モバイル:スマートフォン-新しいバージョン」に関して

Fetch-as-Googleで新たに選択できる「モバイル:スマートフォン-新しいバージョン」に関して

どうも、緒方です。


今回はFetch as Googleを使っていて気づいた新システム?
「モバイル:スマートフォン-新しいバージョン」に関してお伝えします。


「お伝えします」なんて言ってしまいましたが
正直僕を含め誰も詳細が分かっていません。汗


なので、実際に問い合わせたり、情報収集したりして
僕がわかり得たことをまとめようと思います。

※詳しい情報が分かり次第更新していきます。

モバイル:スマートフォン-新しいバージョンとは?

Search Console(旧:ウェブマスターツール)の機能の一つに
Fetch as Googleがあります。


Fetch as Googleは、記事を更新した時にGoogleBotに更新情報を伝え
記事のインデックスを促進させる機能となっています。


そのFetch as Googleに新たな機能?のようなものが…。


それが以下になります。


記事のURLを入力する欄の下(全画面表示では左)に
「PC」と表示されている箇所があります。


ここって、「どこにインデックスを登録する?」
という意味合いで考えています。

(※正直ここも謎なんですよね)


で、僕はサイトアフィリなどのスマホメインのサイトでは
「モバイル:スマートフォン」を選択していました。


しかし・・・


いつものように登録しようとすると、
何やらみたことのない表記が。


画像1


今まで気にしていなかったのですが、もしかすると、

・モバイル:XHTML/WML
・モバイル:cHTML

この2つも追加されたものかもしれません…。


ちょっとここは分かりませんが

・「モバイル:スマートフォン-現在のバージョン」

・「モバイル:スマートフォン-新しいバージョン」

この2つは確実に追加されたものです。


謎だったのですが、まずは「現在のバージョン」を試してみました。


画像2


これまでのように、「インデックスに送信」が表示されます。


続いて「新しいバージョン」を試すと、


画像3


「インデックスに送信」を選択しなくても
「完了」と表示されます。


また、これまで「モバイル:スマートフォン」を選択して
インデックスに送信していたものに関しましては全て

「モバイル: スマートフォン – 現在のバージョン」に変わっています。



この2つの違い


調べてみると、ウェブマスター公式ブログに掲載されていました。


これ…意味不明ですよね…。


ただ、

(2016 年 4 月 18 日以降の Googlebot スマートフォン用ユーザー エージェント)

この表記があるため、実装は4/18日以降ということでしょうか?


実際に「ウェブマスターヘルプフォーラム」に問い合わせた結果も
僕と同じように把握されていない様子でした。


※ウェブマスターヘルプフォーラムでは、
ウェブマスターツールの扱いに長けた人が
回答してくれるフォーラムです。


で、実際に届いた回答を以下に記します。

Fetch as Googleは、Googleがサイトをどのように見るか?というのを実行する機能です。
よって、この表現が適切か不明ですが「Googlebotが使っているブラウザ」で
閲覧するという機能だとも説明できます。
つまり、Googlebotさんが「新しい携帯と新しいブラウザ」を嬉しそうに使っていると考えられます。

よって、以前のブラウザで見たいのか?
それとも、新しいブラウザで見たいのか?
と言うのを、Google利用者が選択できるようになっていると思われます。

なお、公式ブログにBOTさんが新しい携帯を手に入れた事が記述されていますので
ご確認をお願いします。

Googlebot のスマートフォン用ユーザー エージェントの更新について

更新は来月と書いているので、違っていたらすいません。
この記述の影響によるものだとしたら、99%の人に影響が無いです。

>「インデックスに送信」を押さなくても「完了」
まだ正確なアナウンスを見ていませんが、
BOTの巡回が来月なので、レンダリングを確認するだけかもしれません。
もし、indexに送信を実施したいなら、通常の方法で実行して頂いた方が確実です。

なお、「インデックスに送信」は押された瞬間、BOTが巡回に来ますので、
前段階でPC、新バージョン、現バージョンなど何を選択しても全く影響は無いです。

引用:ウェブマスターヘルプフォーラム

読んでいただいたら分かるように、
すべて把握されているわけではないようです。


ただ、確実なこととしては、2016年3月中は、

・PC
・モバイル: スマートフォン – 現在のバージョン


このいずれかを選択したほうがいいということです。


Fetch as Googleを利用するということは
インデックスに送信することが目的ですよね。


その目的を確実に達成するためにも
以前のシステムを使ったほうがいいです。


ただ…可能であれば、手間にはなりますが、

・「PC」

・モバイル: スマートフォン – 現在のバージョン

モバイル: スマートフォン – 新しいバージョン


このいずれかで送信したほうがいいと思います。


これが最も確実です。


まだまだ情報が不足していますので、
何か分かり次第ここに記載していきます。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

下の記事もよく読まれています

コメントを残す