FTPツールで困惑しやすい場面

ftp
どうも、緒方です。


今回の記事では、FTPツールを使用する際に、
多くの人が困惑してしまう場面と解決策を解説していきます。


FTPツールというのは、メモ帳や画像データなどをサーバーにアップするものです。


FTPにはいくつかツールがあって、
僕は『FFFTP』というツールを使っています。


FTPツールを使いファイルをアップする際に
注意すべき点と解決策をお話していきます。

FTPで困惑した場面

僕が苦戦した場面は3つ。


1.zipファイルの転送

2.PDFファイルの転送

3.ファイル名が空白の場合



一つずつ解説していきます。



zipファイルの転送

例えば、「apple.zip」というファイルがあったとします。


このファイルをFTPツールを使ってアップすると、


http://ドメイン名/apple.zip


このようになります。


このようになりますので、第三者に「apple.zip」をダウンロードして貰う場合は、
赤枠内のアドレスを教える必要があります。


ただ、この操作を間違えてしまうことがあります。


http://ドメイン名/apple


このファイル名で第三者に伝えてしまうことがあるのですね。


zipファイルを転送した場合は、
.zipを忘れないで付けるようにしてください。



自分のPCには「apple.zip」が入っているので、
.zipを入れなくてもダウンロードすることが出来ます。


そのため、大丈夫と勘違いしてしまうのです。


必ず.zipが入っているのか確認しましょう。



PDFファイルの転送

「apple.pdf」というファイルを転送してみます。


そうすると、


http://ドメイン名/apple.pdf


これが正解ですね。


しかしPDFファイルの場合は


http://ドメイン名/apple


このアドレスでも「apple.pdf」を閲覧することが出来ます。


PDFファイルを転送する場合は、
.PDFを抜いたアドレスでも同じ
です。



ファイル名が空白の場合

「apple apple.png」という、ファイル名に空白が入っているデータを
転送するとしましょう。


そうすると、


http://ドメイン名/apple%20apple.png


このようになります。


空白部に%20が入りますので、
これも忘れずに伝える必要があります。


PDFファイルもzipファイルでも空白を入れたファイル名は転送出来ます。



以上が、FTPツールで困惑しやすい場面の解説と解決法です。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す