ブランディングを構築する要素【機能的価値】とは?

機能的価値
どうも、緒方です。


今回の記事では、『機能的価値』について解説します。

機能的価値とは

機能的価値とは、

名称かれ連想される機能的な部分の価値です。


例えば、『歯ブラシ』だと、

・歯を磨ける
・毛が硬い(やわい)

など連想できます。


で、実際に自分が歯ブラシに対して思っている価値よりも、
役立つものであれば、機能的価値が高いと言えます。


「まさか、ここの汚れまで・・・」


とか、このようなことです。


それに対して、初めて使ったのに柄が折れてしまったりすると、
これは機能的価値が低いと言えます。


歯ブラシの柄が折れるなんて、想像も出来ませんよね。


つまり、

機能的価値が高い⇒連想されるもの、予想を超え価値を感じるもの

機能的価値が低い⇒想定外の事象が起こる(価値観で”悪い”と思う方向に)



このように定義出来ると思っています。



ネットビジネスで、機能的価値を高める部分は、
コンテンツ部分です。


メルマガやブログでのコンテンツとは、
ブランディングを形成するものだからです。


そして、ブランディングを形成していくためには、
感情的価値と機能的価値を高める必要があります。


ただ、

感情的価値は機能的価値を高めた先にある価値です。


機能的価値が高くないのに、
感情的価値を高めても効果が薄いです。


ですので、まずは機能的価値を高めましょう。


どうすれば機能的価値を高めることが出来るのか、
適切な機能的価値の高め方をお伝えします。



機能的価値の高め方

機能的価値の高め方は、3つあると思っています。


1.量と質のバランス

2.発見



一つずつ解説していきます。



量と質のバランス

機能的価値の高いコンテンツとは、
タイトルから連想される本文を持ったコンテンツです。


『○○を使う方法』というタイトルを付けたのであれば、
誰がやっても○○を使えるようなコンテンツです。


このような質(機能的価値)の高いコンテンツを、
大量に出して行ってください。


そうすると、

総じてサイト全体の機能的価値は高まっていきます。


参考記事:量質転化の法則



発見

ブログやメルマガのコンテンツを見た時、
何の発見も無ければ機能的価値は低いと言えます。


これまで自分が知らなかったことであったり、
視点を変えることで見えることなど。


そのような内容を織り交ぜることで、
機能的価値が高いと判断されます。



発見を織り混ぜて機能的価値を高めると、

この人が教えることは素晴らしいかもしれない

と、思ってもらえます。


自分と同じような考えの人がセールスする物を買っても、
何の価値も得ることが出来ない可能性がありますよね。


ですので、自分より優れ、自分と別の次元にいる人を
凄い人なのではないかと思ってしまうのです。



以上が感情的価値の解説となります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す