SEOノウハウ-内部SEOと外部SEO-

内部SEOと外部SEO
どうも、緒方です。


今回の記事では、ネットビジネスに必要なSEO対策の範囲と、
内部SEO、外部SEOについて解説します。


SEOというのは、検索エンジン最適化のことです。


サイトを検索エンジンに適した形に変えること。


それにより、

検索エンジンでの評価が上がり、
検索結果で上位表示出来るノウハウのことを言います。




ただ、SEOを学べば学ぶほど上位表示出来るわけではありません。


前提として、

『SEOとはブラックボックスである』ことを認識してください。


様々な手法が出回っていますが、
根幹部分や実際の評価基準はGoogleしか知らないのです。


そのため、

Googleが発表したSEO基準に沿って作られたものが、
現代のSEOノウハウだと言えます。


で、この発表内容も膨大な量があり、
様々な憶測が飛び交っています。


そして、それらを全てノウハウ化するという。


とてつもない、膨大な量のSEOノウハウが存在するのです。


ですので、必要最低限のSEOノウハウをお伝えします。


今回は、外部SEOと内部SEOについて解説します。

内部SEO

内部SEOとは、

コンテンツの集合です。


ヘッダー、記事、固定ページ、アイキャッチ画像、記事中画像・・・


これら全て内部SEOを高める存在となります。


だからこそ、一つひとつのタイトルや名称設定は重要だし、
記事中に含めるキーワードも重要なのです。


具体的な内部SEOを高める方法を三つお伝えします。

キーワード出現率

例えば「ネットビジネス」で上位表示させたい場合には、
「ネットビジネス」というキーワードを多く使います。


記事タイトルにも、記事本文にもです。


ですが、あまり使いすぎてもダメだと言われています。


理想の割合は、

“4%程度”です。


サイトにキーワードが何割含まれているか確認するためには、
SEOチェキを使うと簡単です。


SEOチェキの使い方の記事に、確認方法を書いています。



コンテンツの質を上げる

Googleは、サイトの滞在時間も考慮して、
検索結果を上げ下げしていると言われています。


滞在時間を伸ばすために、
小手先のテクニックも多く存在します。


僕が書いている、サイトの滞在時間を13.8%上げる記事
小手先のテクニックだと言えます。


もちろん、これらも有効なのですが、一番大切なことは、

コンテンツ一つひとつの質(価値)を高めることなのです。


そうすれば、訪問者が記事をしっかり読んでくれますので、
滞在時間の向上にも繋がります。



逆に、小手先のテクニックだけで滞在時間を伸ばし
上位表示できたとします。


上位表示は出来ても、精読率(記事を読んでくれる率)は、
恐ろしく低くなる可能性が高いのです。


僕らが行いたいのは、

ブログを使ったブランディングであって、
上位表示出来るかのゲームではありません。



ゲームはクリア出来たけれど、
報酬が得られなかったら意味ありませんよね。


ただ、質の高い記事が1つよりも、
質の低い記事が10記事あるサイトの方がいいです。


バランスです。


量も質も高めて行ってください。


参考記事:量質転化の法則



内部リンク

内部リンクとは、サイト内で拡散するリンクのことです。


例えば、


緒方
の自己紹介
をご覧になったあとに、
このサイトを読み進めてください。」


と、書くことでこの記事から、自己紹介の記事にSEOをパワーを送れるのです。


こうやって内部で拡散することも、
内部SEOを高める手段の一つです。



外部SEO

外部SEOとは、

サイト外からの評価によるものです。


Googleは、「あのサイトいいよ!」と、
多くの人が紹介するサイトを上位表示させようとします。


外部SEOを高める方法を二つ紹介します。


被リンク

被リンクとは、一方的な紹介のことです。


Aサイトが、「Bサイトいいよ!」と、
Aサイト上にBサイトのリンクを貼って紹介するように。



外部リンクを貼ってもらう際の注意は、

必ず適切なアンカーリンクで貼ってもらうことです。


試しに、「出口」と検索してみてください。


そうすると、一番上にYahooのサイトが来ますよね。


これは、適切なアンカーリンクを得ていないため
起こっている現象なのです。


具体的には、アダルトサイトに入った時に、

「あなたは18歳以上ですか? 入場/出口」

とあって、”入場”を選択するとサイトへ入れます。


ただ、”出口”を選択するとYahooに繋がるようになっているのです。


つまり、

Yahooに被リンクを送っている(妥協で)サイトが、
“出口”というアンカーリンクを送っているため、起こっている現象なのです。


それも多数のアダルトサイトが送っているので、
出口=Yahooという認識となっています。


ですので、例えば「ネットビジネス」「緒方」
という二つのキーワードで上位表示したいなら、


ネットビジネスを実践している緒方のブログ


このように、アンカーリンクを貼ってもらう必要があります。



それと、可能であればアンカーリンクは、
自然な形で貼ってもらう方がいいです。


例えば、


「ラーメン美味しかった!

ネットビジネスを実践している緒方のブログ


これよりも、


ネットビジネスを実践している緒方って、
ラーメン好きなのかな?」


こちらの方が文中に含まれていて、
会話の流れでアンカーリンクを貼れていますよね。


無理矢理ではないため、
Googleも高い評価をくれるのです。



ただ、被リンクをもらうサイトは、
自分と同じジャンルのサイトがいいです。


僕であれば、ネットビジネス系のサイトからです。


ラーメンのサイトから被リンクもらっても、
効果は薄いかなと思います。



また、TwitterなどのSNSからも受け取ることが出来ます。


Twitterの場合は、被リンクを貼ったツイートを
リツイートされる数が多ければ多いほど、良いと言われています。



相互リンク

相互リンクは、双方からの紹介です。


AサイトがBサイトを紹介したら、
BサイトもAサイトを紹介する、というように。



ただ、Googleから、”グル”の可能性があるかもしれない、
と、疑われることもあります。


ですので、相互紹介はあまりオススメしていません。



相互紹介での注意も、被リンクをもらう時と同じです。


・適切なアンカーリンクを貼ってもらう

・近いジャンルのサイトが好ましい




これらを意識して、SEOを高めていってください。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す