情報発信力を一段回上げるためには

アウトプットとインプット
どうも、緒方です。


今回の記事では、僕の経験や学びから構築した
『情報発信力を高める方法』をお伝えします。


情報発信をする際に、核となる部分は、
アウトプットとインプットの2つです。


これらを上手く組み合わせることで、
ようやく情報発信出来る体制が整います。



情報発信というのは、自分が学んだ(インプットした)ことを、
文章や動画音声で誰かに伝える(アウトプットする)ことです。


つまり、

どちらかが欠けてもだめなのです。


インプットの量が少なければアウトプットしようがないし、
アウトプットする力がなければインプットしてもどうしようもない。


このバランスを取ることで、ようやく情報が出来るようになります。


で、よく言われるのが『まずは大量のインプットをしてください。』ということ。


しかし、こう言われてインプットに専念し続けると、

いつの間にかノウハウコレクター化してしまいます。


ノウハウコレクターの方を良く言い換えれば、
インプットの鬼ですから。


そうではなくて、情報発信を見据えてインプットしているのなら、
同時にアウトプットする練習もしなければなりません。


先に全体像を話しておくと、


インプット⇒直ぐにアウトプット

↓  ↑

ライティング力を上げる


このループです。


この流れをループした回数が多ければ多いほど、
質の高い情報発信が出来るようになると思っています。


もちろん、これを自分だけでしようと思ったら、
見えなくなってしまう部分があると思うんです。


例えば、『ライティング力を上げる』部分を、
何かの教材を見るなり自分で行っているとします。


そうすると、いつの間にか限界を作ることになります。


というか壁にぶつかるんです。


そしてその壁から抜けだせずに、
勝手にライティングを極めた気になるという、

恐ろしい勘違いをしてしまいます。


ですので、『ライティング力を上げる』という部分は、
必ず第三者にチェックしてもらってください。


方法としてはニつあると思っています。


一つが、

家族や友人にでも一度見てもらって、
どうすれば読みやすくなるのか意見をもらう。


そしてもう一つの方法が、

メンターによるチェックです
僕はこの方法でライティング力を向上させてきました。


どちらがオススメかと言われたら、
間違いなく後の方法です。


なぜなら、

メンターは国語の先生ではありません。


あなたのブランディング、ターゲット、何らかの独自ノウハウ、
多くの人が読みたくなるライティングテクニック


これら、この業界を知っているからこその、

この業界で必要なライティングテクニックを教えてくれるからです。


だからこそ、僕は後の方法がオススメであって、
メンターを最優先事項で見つけてくださいと言っているのです。



そうは言っても僕も最初の頃は、それはそれは目も当てられないような、
小学生の作文顔負けのライティング力しかありませんでした。


当初の僕を知っているようなレアな人が少ないので、
それが心の救いだったりします。笑


ただ、これって多くの人が通る道だと思っていて、継続すれば、

みんな高いライティング力を身につけられるとも思っています。



そしてそれと同時に、インプットも大量に必要になってきます。


これは業界に長くいればいる程、
自動的にインプットは出来るようになっています。


無料オファーのメルマガであったり、
稼ぐ系のブログを運営している人の情報ですね。


ただ、それが質の高い情報なのかと言えば、
必ずしも”YES”ではありません。


なぜなら、

“あくまで無料の情報”だからです。


無料レポート、無料メルマガ、ブログ。


もちろん、これも情報収集としては有りなのですが、
もう一歩が必要になる場面もあります。


無料の情報を収集して、自分なりにアウトプットして、
その情報のおかげで助かる人もいるでしょう。


ただし、情報発信を通して多くの人に価値提供していくのであれば、
有料の情報も必要になってくるのです。


なぜなら、

無料の情報だけだと、誰でも集められるからです。


ですので、高い価値を感じてくれる人が少ないのです。


ちなみに有料の情報とは、教材やコンサルの中で教えていただけるもので、
特にコンサルの中で教えていただける情報は濃いです。


僕もコンサル企画に参加したことがあるのですが、
そこでもらったPDFがそこらの教材の何倍も濃かった経験をしています。


濃い情報=質の高い情報なのです。



高いライティングスキル、濃い情報が揃えば、
そしてそれらを自分のフィルターを通すことにより、
質の高い情報発信をすることが出来るようになります。


情報発信をしている人で、これを出来ている人は少ないです。


濃いインプットは出来ても、誰かの言葉を借りたような情報発信の山。


そうではなくて、自分のフィルターを通し、
自分の言葉で情報発信することに意味があるのです。


自分のフィルターとは、

【これまでの経験+インプット+これからの経験】


上記により構築されるものです。


今言ったことをきちんとこなすだけでも、かなりの差別化に繋がります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す