情報発信で記事はどれだけの長さが適切か

長い記事と短い記事
どうも、緒方です。


今回の記事では、情報発進時における適切な記事の長さについて、
僕の経験と考えを交えながらお伝えします。


僕の記事は、文字数こそ計測しないと分からないものの、
おおよその記事の長さは分かるようになっています。


記事の右上に、読み終えるまでの目安時間が書いてありますよね。


あそこの時間が短いと、記事が短いんだなと判断されるようにしています。


そうやってオープンにしている僕だから分かることがあります。


それは、

『記事の長さに関わらず読まれる』ということです。


短くても長くても、読まれる数に大差はありません。


読まれるか読まれないかは、タイトルや内容、
もしくは別の要素で判断されます。



ですので、記事は正直短くてもいいのです。


以前は、

『2000時を超えなければ情報発信出来ていない』

と、自分に言い聞かせ書いていましたが、
そんなことはないのです。


大切なことは、

タイトルに書いてある伏線を本文で回収出来るか

僕はこのように考えています。


だからこそ、僕はタイトルで釣ることは出来ませんし、
内容もしっかりしたものを作る必要があるのです。


しっかりしたものを作る過程で、文字数が多くなるだけです。


さっさと伏線を回収できるものに関しては、文字数少ないですよね。


それは僕の知識不足だったり、本当に簡単な伏線の場合なんです。


例えば、

SEOノウハウ『専門性』の記事は、文字数1000もいっていないと思います。


それでも、タイトルに書いてある『専門性』が何なのか分かりますよね。
(分からなかったらすみません。。)


ただ、毎回簡潔に書いてしまうと、それはそれで問題なんです。


毎回簡潔に書いてしまうと、


「経験浅いんじゃない?」

「知識が足りていない」


と思われることだってあるのです。


読者の顔色を伺った情報発信をする必要はありませんが、
自分の経験を活かせるところは肉付けしたほうがいいです。



この『肉付け出来る力』も重要なんです。


確かに、文字数が少なくても的確に伝えられるにこしたことはありません。


ですが、量も必要になる場面は必ずしも出てきます。


その時に、簡潔に書く力しかなければ困りますよね。



そこで僕がオススメしている方法(稼ぐ系特化の方法)は、


1.情報発信に慣れるため2000文字の成約を付け、
日常とビジネスを関連させた記事を書く


2.1日1記事


3.アフィリリンクを貼らない



この3ステップを一定期間行うことです。



これにより、情報発信に慣れるだけでなく、

自由自在に肉付け出来る力が付きます。



自由自在に肉付け出来る力と、簡潔に書ける力が付けば、
情報発信でアクセスを集めることも、稼ぐことも簡単だと思えます。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す