キャラを演出するペルソナとは?正しい仮面の作り方

ペルソナの使い方
どうも、緒方です。


今回の記事では、キャラを作る手法である『ペルソナ』の
正しい行い方をご説明します。


ペルソナとは、仮面という意味です。


そして、ネットビジネスで成果を出すためには、
キャラ作りを行っていく必要があるのです。


その理由を以下で説明していきます。


成果を出すためのペルソナ

ネットビジネスで成果を出すためには、
いくつか重要となる性格があります。


例えば、『素直さ』。


素直さが必要な理由は、いくつかあります。


・メンターや教材からの学び(より成功に近い道)を、
素直に受け入れられるようになる


・ノウハウコレクターになりにくい
⇒素直に実践してくれるため


・etc


このような理由から、素直さは重要なのです。


ですが、いくら素直さが重要だと分かっても、
自分の性格を根底から変えるのは難しいです。


ですので、ペルソナを使います。


ネットビジネスに取り組む間だけ、
素直な自分を演じる、仮面を被る。


これを意識的に行うのではなくて、
無意識で行えるレベルまで持っていくといいです。



魅力を上げるためのペルソナ

ネットビジネス成果をだすために必要な三大スキルがあります。


・コピーライティング

・ブランディング

・マーケティング


そして、ペルソナはブランディングに関わってきます。


例えば、

1.常に不平不満を垂れ流すだけの人


2.明るくて優しそうな人


このような2人がいたら、
どちらの人を好きになりそうでしょうか?


恐らく多くの人が、2の人だと思います。


そして”好き”の感情を引き出せるということは、
信頼関係を築きやすいということに繋がるのです。


つまり、

ブランディングがいい方向へ確立していくということ。



しかし、誰もがこのような人ではありません。


そのためペルソナを使うのです。


ブランディング構築のために、
魅力的なキャラを演じる。


そうすることで、素晴らしい人物だと認識してもらえ、
好きになってもらえやすいのです。



ペルソナを使う場合の注意

ペルソナを使う場合に、一つ注意してほしいことがあります。


それは、

『嘘のキャラを演じる』ということです。


魅力的に魅せたいからと言って、
嘘のキャラを演じると辛いことになります。


それだけでなくて、実際に関わった時に
マイナスギャップを感じさせることになります。


そうなると、ブランディングは崩壊するのが早いです。


ですので、魅力的な自分の仮面(ペルソナ)を使う場合は、

自分の内に秘めている、魅力的な部分を出してください。


そのような部分は誰しも存在します。


あとはその割合を、高めていくことが、
ペルソナ(仮面)なのです。


これを意識して、魅力的な自分を創りだしていってください。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す