会社と起業するのはどっちが楽?

どうも緒方です。


今回の記事では、読者さんから「マインド」に関する
質問がありましたのでお答えします。

読者さんからの質問:

サラリーマンと起業家はどちらが楽ですか?

私は起業すると自由な時間が多いですし、楽かなと思います。



logo2緒方の回答:

ご質問ありがとうございます。


んー。全体的で見ると
起業家が楽かと思います。


でも給料面に関してはサラリーマンが楽です。


サラリーマンは毎日会社に行ったり
人付き合いのトラブルがあったり
ノルマをこなす必要があったり…

大変かもしれません。


でも、極論を言ってしまうと

会社に行っているだけで給料がもらえる

ということになります。


しかし起業家は違いますよね。


『作業をしていても稼げないこともある』


労働時間=収益

という考えが成り立たないんです。


このことから、どれだけ会社に行くことが嫌でも
行き続けさえすれば給料がもらえるサラリーマンは
僕の中でイージーな人生かなと思います。


「じゃあサラリーマンになりたいの?」

と聞かれると、答えはnoです。


就業時間の考え方が苦手なんですよね。


毎日この時間~この時間は会社にいて…
ってこの考え方が無理。


1日にやることを自分で考えて
それが終われば好きな事ができる。


僕はこの流れで仕事をしたいんですよね。


何で仕事終わってるのに、会社にいなきゃならんの?

って思いませんか?


「それは給料をもらうために仕方ない」

と、サラリーマンの方は言いますが
僕は割りきって考えられませんでした。


だから会社を辞めたというのもあります。


話はそれましたが、どちらも大変でそれぞれに苦悩がありますが
給料面だけはサラリーマンが楽かと思います。




サラリーマンの友人の話を聞くと、


1日の作業が終了、でもまだ時間がある…

トイレにこもってスマホをいじる

就業時間が終了

みんな帰らない(絶望)
仕事はないけれど会社にいる

※残業時間の手当はでない


という状況が毎日だそうです。


これは絶望ですね…。


僕の会社も似たような状況でしたが
僕は新入社員でありながら速攻帰っていました。笑


中学の時にも似たようなことが…

部活でバスケットボールをやっていて
新任の先生が途中から顧問になりました。


その先生はバスケ経験0。


だからか分かりませんが、とにかく”形”にこだわるんですよね。


「毎日部活で学んだことと、反省点をノートに書いて
次の部活の時に提出しろ!」


こんな命令があったのですが、僕らは誰一人しませんでした。


当時の練習は血尿が出るほど超ハードな練習で
今だと体罰!と騒がれるレベルの練習でしたので…。


そんなきつい練習のあと帰宅したら爆睡ですよね。
宿題はかろうじて出来ましたがノートまでは無理です。

(実際はテレビを見たりしていたので出来ましたが
ノートにみんな納得がいっていなかった)


で、みんなノートを書かないことに怒り狂った新任は
僕らに部活停止命令をしました。

+3時間に及ぶ説教。


僕も含め納得がいかなかったのですが
説教に耐えていました。


説教中に

「お前らふざけんなよ!!!
もういい!帰りたい奴は帰れ!

そして二度と部活にくんな!」

と新任が言ったので、僕だけ掃除して帰りました。


練習はきついけれど、自由な部活において
意味不明な強制がゆるせなかったのです。


辞める気でしたし、退部届けも作っていました。


このあと結局みんな退部する流れになったので
焦った新任の先生が部活禁止命令とノート撤廃をして
僕も退部をしなかったわけですが…


以前からそうですが、理不尽な状況に
耐える力が僕にはないと思います。


そういう意味で起業して自由にやるほうが
僕にはあっているなあと。



このような感じで読者さんからの質問にお答えしていきますので
お問い合わせからでも悩みをお伝えください!