サイトの滞在時間を13.8%上げるプラグイン-Estimated-

Estimated
どうも、緒方です。


今回の記事では、サイトの滞在時間を13%上げるプラグイン
『Estimated』の導入方法について解説します。


アメリカの研究者によると、
この記事は〇〇分〇〇秒で読めます。
という1行を挿入することで、2つの大きなメリットを得られるそうです。


サイトが滞在時間を13.8%向上
・記事の精読率向上



そして、これは『Estimated』というプラグインを導入するだけで達成出来ます。


このプラグインを導入するのは簡単なので、
サイトデザインが崩れない場合は活用しましょう。


ちなみに、『Estimated』はITキヲスクさんが作られています。


ただ、僕はこのプラグインを元に独自に改造を行っています。


ですので、今回紹介する方法では僕と同じ表示にはなりません。


ITキヲスクさんのプラグインのままだとこんな感じになります。


1

(画像をクリックするとポップアップします)



上記デザインであっても、2つのメリットを得たい場合は、
以下の手順に沿って作業していってください。


下のマニュアルにある画像が見にくい場合は、
クリックするとポップアップして表示されます。


解除する場合は、画像外をクリックするか、
Escキーを押してください。

『estimated』の導入方法

1.『Estimated』をダウンロード


このサイトに行って、『estimated.zip』をダウンロードします。


2


「estimated.zip」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。



2.phpファイルを編集


「estimated.zip」を解凍します。


そして、「estimated」の中にある、「estimated.php」を編集します。


7


簡単に編集できる部分として、
44行目の「この記事の所要時間:」となっている部分が編集可能です。


また、45行目を編集することで、
「約~読むことが出来ます」を変更出来ます。


3



44行目も45行目も、既に文字が書いてある箇所を変更するだけですので、
お好みで編集してみてください。


ただ、最初から空いている空白は絶対に消さないでください。



また、このプラグインに画像は挿入されていません。


僕のように画像(時計の画像)を入れる方法をご紹介します。


ワードプレス管理画面の左サイドバーから、
「メディア」⇒「新規追加」へ行き、挿入したい画像をアップします。


4


ファイルをアップしたら「編集」を選択してください。


5


その後、画像の詳細ページに入りますので、
画像のURL部分を一度左クリックして、[Ctrl+A][Ctrl+C]を押して全てコピーします。


6


コピーしたものをメモ帳に貼っておいてください。


では、画像を挿入するために44行目を書き換えます。


$est .= “\t”.’< span>< img src=“http://ogatashota.com/wp-content/themes/keni61_wp_cool_130929/images/time_machine.png” />この記事の所要時間は< /span>‘;


この点枠の中身のように書き換えます。


赤文字の部分に、先程メモした画像URLを挿入してください。


このコードをコピーして44行目に挿入すればいいのですが、
下の画像で示した3つの空白を削除して挿入してください。


10


このように置き換えて編集すると、
画像付で表示させることが出来ます。


3.FTPツールを使って転送


今編集した『Estimated』をワードプレスに入れましょう。


この操作をしないと、これまでの苦労が無駄になってしまいます。


その後FTPツールを立ち上げ、「wp-content」⇒「plugins」と進んでいきます。


ここに「estimated」を転送します。



4.『Estimated』を有効化


ワードプレスの編集画面に戻り、
左のサイドバーから、「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」をクリック。


その中から『estimated』を見つけ、
有効化することで表示されるようになります。


52



以上が、サイトの滞在時間を13%上げるプラグイン
『Estimated』の導入方法について解説となります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す