ネットビジネスにおける適切なリブランディングのタイミング

リブランディング
どうも、緒方です。


今回の記事では、適切なリブランディングの
タイミングを解説します。


リブランディングを何の節目も無しに頻繁に行う人もいますが、
それは非常に勿体無い行為であると言えます。


リブランディングとは、

インパクトを出し、これまでと違うことを認識させることです。


ですので、適切なタイミングがありますし、
大きなインパクトを出す方法もあります。


適切なタイミングは、

・実績構築時
・大きな企画終了時



基本的にこの2つだと思っています。


これらは大きな節目ですよね。


大きな節目であればリブランディングすることで、
読者にも大きなインパクトを与えられます。


気分で変えるとか、そういうのは辞めましょう。



小さなリブランディングと大きなリブランディングの2つがあるのですが、
どちらも実行していった方がいいです。


小さなリブランディングとは、

・ブログ記事全てのリライト

・細かなデザインの変更



です。


記事全てをリライトするのは大変ですが、
少しずつでもリライトしていってください。


リライトすることで、

既存のファンに多くの価値提供できますし、
新たな読者に対しても最初から大きな価値提供が出来るのです。



また、細かなデザイン変更も既存のファンに対して
新たな姿を魅せていくことに繋がるのです。



大きなリブランディングとは、

・ブログデザインの大幅な変更

・LPの変更

・活動名の変更



など、根底から変更する必要があります。


活動名の変更は、あまり行う人はいませんが、
デザインの変更を行う人は多いですよね。


ブログデザインの大幅な変更では、
主にヘッダー画像の変更が一般的です。


より伝えたい内容、今の自分だから伝える内容を
ヘッドコピーとしてデザインし直します。


小さなリブランディングと同じで、
新たな自分を姿を魅せることが可能です。


大きなリブランディングに関しては、
絶対に気分で行うことは辞めましょう。


これはインパクトを出す手段であって、
適切なタイミングで行うことで、より効果が発揮されるのです。



以上が適切なリブランディングのタイミングとなります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す