人生は選択の連続

ID-100159663皆さん新年を楽しんでいますか?



僕は仕事をしています。



・・・デジャブ!?
って思いましたか?笑


すいません。
同じこと二回書きました。笑



僕は今、実家に帰っています。


1月2日は毎年親戚が集まる日で、
今日は年間の中でも大忙しの日。


大忙しと言っても、
大変なのはおばあちゃんで僕は二階の部屋に
引きこもっていました。笑


本当は下に行ってみんなとお寿司を食べたかったのですが、
どうしても終わらせておきたい事があったので、
上の部屋で仕事をしていたのです。


そうしていると、
おばあちゃんがお盆にお寿司を乗せて持ってきました。


「おいおい・・・本当に引きこもりの息子じゃないか!」
って突っ込みたくなりましたが、自分に。苦笑


そこは我慢して、
集中して作業を終わらせた時はもう夕方。


親戚もいませんでした。



で、

何が言いたいのかというと、
僕には選択肢が二つありました。


1.下でみんなとお寿司を食べる
2.上の部屋で一人、作業をする



僕が今回選んだのは2です。



人生にはこのような二択が多くあります。


そしてどちらを選択するかで、
その後の人生が大きく変わることも有ります。


僕が「下でみんなと食事」を選択していたら、
お寿司を喉につまらせ入院していたかもしれない。笑


大げさかもしれませんが、
そういったことも起こり得るのです。


小さな選択かもしれませんが、
その選択が人生を大きく変えることも有ります。



そして選択は連続で起こります。


お寿司を食べるという選択→YES
マグロとイカどちらを食べるか→マグロ
醤油はかけるか→・・・


このように一つの選択から、
また選択、選択と連続します。


その選択が僕らにとって最善だったのか
なんて未来でしか分からないのです。



先程の極端な例のように、
お寿司を喉につまらせて入院なんて未来を
選択段階で想像できますか?


少なくとも僕には無理です。



ビジネスも同じで、
誰にもどの選択が最善かなんて分からないのです。


ただ、

選択の精度を上げることは出来ます。


例えば、
A」と「B」という二つの教材があったとします。


どちらも価格は同じで、
同じTwitterアフィリエイトのノウハウが書かれています。


「んー。どっちを選んだ方がいいのだろう。
この二択は難しいから、神様頼みだ!」


なんてことをしますか?


恐らく多くの人は、
二つの教材について調べるでしょう。


評判や、メンターから情報を得て、
教材のことを理解することをします。


しかし、

それを聞いても最終的に決めるのはあなたなのです。


A,Bについて調べる→Aの方が評判がいい
Aを買う,Aを買わない→・・・



もしかしたら、
それでもBを購入するかもしれません。


ここで「Aを購入する」「Aを購入しない」を選択しても、
あなたの未来には変化が生じます。


何も買わなかったら変化はないんじゃない?


って思いそうですが、
考えればいくつもあります。


・その教材が気になって仕事が手に付かない

・また同じような選択で悩む



まだまだあると思います。


気になってしょうがないなら買えよってなりますが。笑


また同じような選択の場面が来た時に、
同じように悩むというのは経験するでしょう。


その時に、
また選択出来ずに困る。


選択が連続することが、
いつの間にか負の連鎖に変わっている人がいます。


じゃあ、
どうすればいいのか。


僕が思う解決策は、

・選択を繰り返すこと
・一つの選択をした時に理由付けが出来るようになること



例えば、
「A」を購入しないを選択したら、
何故そっちを選択したのか。


それを自分なりに明確に出来れば、
今後の選択の精度を上げることが出来ると思います。


精度が上がれば、
自分の理想の未来に繋がる選択をすることが多くなり、
結果としてその理想に近い未来に到達できるのです。


ですので、
如何に小さな選択でも、何故その選択をしたのか?
自分なりに理由付けをしてみて下さい。



この作業をいつまでもメンターや第三者に
任せている人がいました。


それは僕です。笑
今はもちろん自分で選択しますよ。


以前は、
「ワンクリックで月収100万円」とか
「手紙を送るだけで権利収入!」とか
そんな教材が欲しくて欲しくてたまりませんでした。苦笑


今思うと恥ずかしいのですが、
初心者の頃はそういったものが魅力に感じるのでしょう。


で、

僕はその度にメンターに相談していました。


「こんな教材あるんですが、購入しても良いでしょうか?」


メンターも優しい人なので、
僕のために調べてくれたり、丁寧に伝えてくれたりしました。


「この教材は〇〇なので、購入しない方がいいですよ。」


そして、
僕はそのメンターの言うとおり購入しませんでした。



つまり、
ここで僕は選択を第三者に任せたことになります。


ですので、
何度も同じことを相談してしまう。


自分の選択に自信がないから、
正しい選択が出来る人に委託してしまう。


それでは、
いつまでたっても選択の精度は向上しません。


向上しないと自分が理想とする未来にも行けず、
どこか違う未来に到達するかもしれません。



僕はそう思ったわけではないですが、
自分で選択しようと心変わりしました。
(単に何度も聞くと申し訳ないと思ったので)


理由は違いましたが、
自分で選択しようという選択をしたことが、
今の僕に繋がっているのではないかと思うこともあります。



最初は教材の良し悪しなんて分からなくて当然です。


メンターや信頼できる人に相談しましょう。


そして、
彼らが何故そのような決断をしたのか、
そこまで聞くようにして下さい。


それをもとに、
何回目かは自分で選択してみると良いです。


例えその選択が間違っていたと、
あとで分かってもそれも財産になります。


自分の未来の選択の精度向上に繋がるのですから。


ですので、
恐れず選択して失敗して下さい。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す