SEOチェキの使い方

SEOチェキ 使い方
どうも、緒方です。


今回の記事では、SEOチェキの使い方を丁寧に解説します。


自分のブログを検索結果上位に表示させたいのであれば、

SEO対策が必要です。


SEOとは、検索エンジン最適化のことです。


つまり、

検索エンジンに好かれるサイトになり、
検索結果上位に表示させるための手段なのです。



このSEO対策を業者に依頼すると、
破格の金額を取られてしまいます。


ですので、僕は業者に依頼することはオススメしていません。


僕のような個人がSEO対策を行っても、
正しい手順を踏めば狙ったキーワードで上位表示出来ます。


そのために普段使っている、『SEOチェキ』の使い方を解説します。


また、マニュアルの画像が見にくい場合は、
クリックするとポップアップして表示されます。


解除する場合は、画像外をクリックするか、
Escキーを押してください。

『SEOチェキ』の使い方

1.『SEOチェキ』へアクセス


こちらからアクセスすることが出来ます。



2.サイトを検索する



URLの検索窓に、調べたいサイトURLを入力し、
「チェック」をクリックしてください。


1




3.順位チェック


右下に「検索順位チェック」という部分があります。


そこに、調査したサイトが狙っているキーワードを入力してください。


2


最大で一度に3キーワード調べることが出来ます。


入力が完了したら、「チェック」を選択してください。


3



このように、先程入力したキーワードが、
実際に今何位なのか知ることが出来ます。



4.頻出ワード調査


内部SEO対策には、「キーワードの使用率」も関わってきます。


それをチェックするために、
すぐ下に「キーワード出現頻度チェック」という項目があります。


そこの「チェック」をクリックしてください。


4


すると、頻出キーワードの検索結果が表示されます。


5


これは、調査したサイトで頻出しているキーワード一覧です。


下に行くほど、あまり使っていないキワードとなります。



今回調査したいサイトで最も狙いたいキーワードは、
「アフィリエイトフォーミュラ」です。


この出現率を見ると、


・「アフィリエイト」9.17%
・「フォーミュラ」8.99%


このようになっています。


※サイトで使っている言葉の総数から、
キーワードの総数を割ってこの値は計算されています。



ただ、これは内部SEO的にあまり良くありません。


順位こそ上位を取っていますが、

好ましいと言われている数値は”5%”です。



5.評価


SEOチェキの検索結果の左にサイトの評価部分があります。


6


『Googleページランク』、『Alexa traffic rank』など。


ただし、

これらの評価を気にする必要はありません。


高いからと言って、それほど有利になることが少ないからです。



それよりも、『インデックス数』を注視しましょう。


インデックス数が高いと言うことは、
Googleのクローラーが頻繁に来ているという証拠です。


インデックス数を上げるためには、
頻繁に更新してクローラーに認めてもらうしかありません。



6.ページ情報の確認


SEOチェキの検索結果の右に出ている「ページ情報」を見てください。


7


SEO対策をするためには、
ここを参考にして編集する必要があります。


項目を一つずつ解説します。


■title


ワードプレスをインストールする際に付ける、
「サイトの名前」がここに反映されます。


ですが、ワードプレスの管理画面から変更することも可能です。


titleのコツは、

・上位表示させたいキーワードを盛り込む

・負のイメージを連想させる言葉を使わない
(失敗、死、落第、稼げない)



■description


サイトの概要となります。


ですので、ここにはキーワードをふんだんに盛り込んでください。


重複しても意味がないので、
同じキーワードは多く入れないでいいです。


例)ネットビジネスは稼げます。ネットビジネスは・・・



また、文字数は、最大で120文字程度に抑えるといいです。


文字数が多くなりすぎることで、SEOパワーが分散するためです。


descriptionのコツは、

・上位表示させたいキーワードを盛り込む

・負のイメージを連想させる言葉を使わない
(失敗、死、落第、稼げない)

・120文字以内



■Keyword


狙いたいキーワードを書いてください。



例えば、「リンゴ」で上位表示させたいのであれば、

・リンゴ
・リンゴ 美味しい
・リンゴ 甘い
・リンゴ フルーツ


などなど。


ここで「リンゴ」というキーワードは、
単一キーワードといいます。


また、「リンゴ 美味しい」などのキーワードを、
複合キーワードといいます。


もし、立ち上げたばかりのサイトであれば、

まずは複合キーワードで上位表示狙って行きましょう。


単一キーワードを狙っても、競合が多ければ上位表示が難しいです。


ですが複合キーワードであれば、検索される可能性が高まります。


Keywordのコツは、

・上位表示させたいキーワードを盛り込む(最大で5個)

・キーワード間は「,」で区切る



■h1


h1タグは、基本的に「title」と同じでいいと思います。


何も設定しないのは絶対にダメですが、
設定することでSEOパワーを発揮します。



以上がSEOチェキの使い方の解説となります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す