記事を書く時間を早くするためには

記事を書くスピード
どうも、緒方です。


今回の記事では、『記事を書く時間の短縮方法』について、
実際に僕が行っている方法をご紹介します。


情報発信をしたくないという人の意見として、
『記事を書くのが遅い』『文章力がない』この2つが挙げられます。


ワードプレスで書く場合だと、
記事作成補助のプラグインを入れたり出来ます。


しかし、

無料ブログの場合はプラグインが使えないものも存在します。


ですので今回は、ワードプレスも無料ブログでも使える、
もっと根本的な時短方法をお伝えしていきます。

計測により力量を知る

僕は常々思うのですが、成長するために必要なことは、
己の力量を知る』ことだと思います。


現時点での自分の力がどれだけか分かっていないのに、
天狗になっていては話になりません。


ですので、まずは今の自分がどれだけの力を持っているか、
それを計測していきましょう。


やり方は簡単で、記事を書く時間を計測するだけです。


正確なデータを取るために、何記事か書きます。


その際に、毎回同じ条件にするためにいくつか縛りを付けます。


・文字数は2000文字以内

・計測が始まってから、構成なども全て考える

・見直しの時間まで含めて計測する



などなど、毎回同じ条件で記事を書いていって、
計測した時間を見てみるのです。


これは、自分のレベルに合わせて変更してみてください。


僕は計測のために、このストップウォッチを使っています。


いちいちストップウォッチを用意するのが面倒な場合は、
是非使ってみてください。


で、2~3記事、可能であれば5記事程度を計測して平均してください。


その平均したタイムが今のあなたの実力です。



計測結果を考察

先ほどの方法で、自分の力量が分かります。


そしてどうすれば時間が縮まったのか、
自分なりに考察してみてください。


・参考資料などを調べるのに時間がかかった

・漢字の正しい使い方を調べるのに時間がかかった

・記事のタイトルに時間を使ってしまった



このように自分なりに考察することで、
問題点が浮かび上がってきます。


次に、浮かび上がった問題点を解決するにはどうすればいいのか。


・参考資料を調べるのに時間がかかった

⇒・検索能力を高める
 ・多くの事例を記憶する
 ・参考資料になりそうなものを、保存しておく


このように、1つの問題点について、
いくつも解決策を書き出していってください。


そうすることにより、

今、自分がやるべきことが見えてきます。



ループ

あとはこの2つをループさせるだけです。


記事の時間を測る(条件を付ける)

⇓   ⇑

考察(早くなるためには)、解答(自分なりの解決策)


ここまで読んだあなたなら分かると思いますが、
近道なんて存在しません。


やれば早くなるし、やらなければ早くなりません。


誰もが最初から力を持っていないのは当たり前です。


だからこそ、力をつけるために努力する。


数をこなして、どんどん進化していきましょう。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す