面白いコンテンツを作る思考術

ID-100138630面白く、他を圧倒するコンテンツを作る方法をお伝えします。



この方法を実践することで、
面白いコンテンツをどんどん作れるようになります。



その方法とは、
富樫式思考術』です。


名前がとても胡散臭いですが、
読み進めて言ってください。


この思考術を使えば、
本当に面白いコンテンツを作れるようになるので。



まずは、「富樫って誰?」って部分から解説します。


僕が富樫先生と呼んでいる人物は、
休載しまくることで有名な漫画家です。笑


以前は、「レベルE」や「幽遊白書」という漫画を
週刊少年ジャンプで連載されていました。


現在では、「ハンターハンター」という漫画を連載されています。


で、これらの作者である富樫先生は、
考え方がとてもぶっ飛んでいます。


例えば、幽遊白書は面白い展開になってきたところで、
「同じことの繰り返しになるから、もう描かない。」とか。笑


現在連載中のハンターハンターに至っては、
半端じゃなく休載します。笑


最長で1年8ヶ月休載したことも有ります。


大抵の理由が、
「病気のため休載します。」といったもの。


その真意は分かりませんが、
これってすごく勿体ないですよね。


せっかくファンになった人も、
長い休載で離れていくわけですから。



ただ、

ほとんどファンが離れていないのです。


その理由は単純に、
面白すぎるから」なんですね。


ここに注目して下さい。


どこにでもあるようなストーリーの漫画が、
1年8ヶ月も休載したらファンは限りなく0に近づきます。
(最近、とある漫画がその状態になっていました。)


じゃあ富樫先生の漫画は、
普遍的なストーリーなのか?


と言ったら、そうではありません。


王道中の王道漫画です。



しかし、ファンが離れない。


この秘密分かりますか?


実はこの秘密こそが、
面白いものを作り続ける思考術なのです。


富樫先生の漫画の描き方=『富樫式思考術』



じゃあ、彼は一体どうやって、
そんな面白い漫画を描いているのか。


その秘密を暴露していきます。


彼は、B級映画を好んで見るそうです。


世間で大流行している映画ではなく、
一般の人の関心の薄いB級映画。


そして、そのB級映画を見ながら考えることは、


自分だったら、この場面をどうやって面白くしようか。


です。


これこそ、富樫式思考術の本髄なのです。


これを繰り返すことで、
面白い漫画を描けると言っておられました。



この思考術の大切な部分は、


・邪道をいかないこと

・王道に沿い、オリジナル性(自分色)を出すこと



です。



僕はこの思考術をビジネスによく応用しています。


例えば、何かのマニュアルを作る時。


マニュアルって基本的に、
楽しくないものです。


感情の起伏なく、
淡々と見ながら一緒に作業をするためだけのもの。



で、僕がマニュアルを作る時は、
「完璧な再現性+面白さ」をミックスしています。


この記事なんかも、
普通だと「使わないキーを無効化する方法」でいいじゃないですか。


そこを敢えて、
「キーを一度破壊しました」というストーリーを入れることで、
楽しく学ぶことが出来るのです。


もちろんそれだけでなく、
Not readの壁も超えることが出来ます。


タイトル「キーをDestroyしてみた結果・・・」

読者「・・・?見てみよう」


となりやすくなるのです。


もちろん、タイトルを面白くすれば、
いいってことではありません。


完璧に再現できるレベルの内容でなくてはなりません。


これも他のマニュアルを見て、
「僕だったらこうするな」ってのを常に考えているからです。



例えば、企画のイメージ画像。


右サイドバーにある画像のことです。


1


これも普通にかっこいい感じにするだけでなく、
敢えて様々な動物を使うことにしました。


それもそれぞれに属性を持たせて。


アフィリエイトフォーミュラは、
炎属性の犬。


フォローブースターは、
水属性の鳥。


などなど。


これも他の人のサイトをモデリングしつつ、
「自分ならこうする。」っていうことを考えて作っています。



つまり、

邪道をいっているわけではないのです。


成功者のサイトをモデリングしつつ、
+αで自分色を足していく。


この+αが独自性の強い発想であればあるほど、
コンテンツは面白くなっていくのです。



面白いコンテンツを作る秘密が分かったところで、
次に+αの発想を独自性の強いものにするためには。


このことをお話していきます。


簡単に言うと、『多くのことを体験』をすることです。


+αの部分とは、言い換えれば、
アイデアです。


このアイデアは自分が経験したことからしか生まれません。


自分の経験したものの中の記憶と記憶が結び付いて、
その記憶同士が化学反応を起こします。


その化学反応こそ、
あなた独自のアイデアなのです。


そのアイデアの幅を広げるためには、
多くのことを経験しなければなりません。


10経験した人は、
4と7が組み合わさる程度です。


100経験した人は、
1と65と98と・・・


と、全く同じ発想が出来ないレベルの
アイデアが生まれるのです。


ですので、多くのことを体験して下さい。



体験と言っても、
不可能なものもありますよね。


例えば、魔王を倒す体験。笑


こんなこと普通に生活していては体験できません。


ですので、漫画であったり、ドラマ、映画など、
多く見て疑似体験して下さい。


疑似体験することで、
それも自分の中にどんどん蓄積されていきます。


それと併せて、
つまらない作品を自分だったらこうする
って思考することも忘れないでください。


全てが結び付いた時に、
あなたしか出来ない面白い発想が出来ますので。



是非試してみて下さい。



ではでは!



記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す