Twitter用語集 2

前回に引き続き、twitterのルールを把握していきましょう。



今回は、難しい内容も含んでいますので、何度か読み直してください。



<ブロック>

気に入らない相手や、明らかに自分を陥れようとしてリプライしてくる人、
この人たちと関わりたくない時に、ブロックすることで解決します。


ブロックを行うと以下の動作が出来なくなります。

・(相手が)フォローできない
・フォローしていた場合、フォローが解除される
・(相手が)個別ツイートを見れない
・(相手から)Replyがあっても、Reply一覧には表示されい



<ハッシュタグ>

ハッシュタグとは、「#〇〇」これです。


通常タイムラインはフォローしたユーザーの投稿しか見ることが出来ないのですが、
ハッシュタグを用いることで、ハッシュタグ付き投稿を見ることが出来ます。


ハッシュタグの使いかた、活用法は、別の記事にてまとめます。



<リツイート>

あなたの気になるツイートがあれば、そのつぶやきをあなたのフォロワーとも
共有したい。


と思った時にリツイートすることで、あなたのフォロワーの
タイムライン上にもあなたがリツイートした呟きが表示されるようになります。


また、リツイートの略からRTと呼ばれることもあります。


リツイートを上手く活用することでフォロワーを簡単に増やすことも可能。


< bot >

人ではなく、自動投稿プログラムにより、つぶやきを投稿していく
アカウントがあります。


このアカウントのことを「bot(ぼっと)」と言います。


よく面白botや、フリーザbotなどが、これに当たります。



<なう>

以前流行った言葉で、twitterしている人が多く使った表現です。


例えば、
トイレに言っている時につぶやきたくなって、
「トイレなう」「お腹痛いなう」などの場合に使われます。



用語の解説は以上です。
これらの用語を知っておけば、twitterを問題なく使えると思います。


続いて、ルールです。
知っておいて欲しい最低限のものだけお伝えします。


・1つぶやき140文字以内で投稿

・URLは短縮したほうが好ましい

・#タグの乱用をしない


上記3点と、凍結させないための対策を読んでいただくと、
twitterの最低限のルールは分かると思います。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す