Google ウェブマスターツールの使い方

1サイトを作ったら、
必ずしなければならないことがあります。



その一つに、
Google ウェブマスターツールへの登録があります。



サイトを更新しても、
Google ウェブマスターツールに登録しておかなければ
検索エンジンの検索の対象になりません。



それどころか、
あなたのサイトそのものが検索の対象とならないのです。


これだと、
どんなにいいサイトを作成しても意味がありません。


必ず登録しましょう。


Google ウェブマスターツールの使い方

1.『Google ウェブマスターツール』と検索する。


『Google ウェブマスターツール』と検索すると、
一番上に出てきます。


1


そこへアクセスして下さい。


URLで行く場合は、
こちらをクリックして下さい。



2.アカウントの確認。


2


『Google ウェブマスターツール』を利用する際、
Googleアカウントが必要になります。


まだ取得してない人は、
こちらを参考にアカウントを取得して下さい。



既に取得している方は、
まず赤枠の部分を見て下さい。


『Google ウェブマスターツール』を利用する時、
どのアカウントをメインに使うのか考えてみて下さい。


そのアカウントになっているのか確認します。


もし違った場合は、
青枠の部分をクリックして、
メインにするアカウントを選択してください。



3.サイトを追加する。


3


この赤枠の部分に、
登録したいサイトのURLを貼ります。


URLを貼ったら、「サイトを追加」をクリック。



4.目印をもらう。


ウェブマスターツールがサイトを認識するように、
「ここだよ!」って目印をもらいましょう。


その方法は色々あるのですが、
僕が一番簡単だと思う方法を説明します。


「別の方法」タブを選択します。


4


次に、一番上の「HTMLタグ」にチェックを入れます。


5


そうすると、
この画像のように項目が出てきます。


青枠の部分をコピーして下さい。
これが目印です。



5.目印を付ける。


先程コピーしたタグ(目印)をサイトに設置しに行きます。


「外観」→「テーマ編集」にいき、
「ヘッダー(header.php)」を選択します。


そして、
< head>タグのすぐ下に先程コピーしたタグを貼り付けます。


6


貼り付けたら、
「ファイルを更新」をクリックします。


これで目印の設置は完了です。



6.ウェブマスターツールに戻る。


そして、
先程の画面の下にある、「確認」をクリック。


7



そして、


8


この画面が出たら完了です。


「続行」をクリックして下さい。



7.サイトマップを設置する。


ここまでで、
あなたのサイトは検索に一応かかるようになります。


次に、
記事を更新したり、何らかを更新した時、
それを教えなければなりません。


この作業をしないと、
全く何もしていないサイト“と認識されてしまいます。


そのためにも、
サイトマップを設置しなければなりません。


サイトマップの作成については、
こちらの記事を参照ください。


次に作成したサイトマップを、
ウェブマスターツールに登録します。


「サイトマップ 自分のサイトマップ」をクリックしてください。


9


「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。


10


そこに作成したサイトマップをアップした場所を入力します。


僕の場合は、
URL直下のファイルに格納しているので、
「sitemap.xml」と入力します。


サイトマップ作成の記事を読んで、
初めてサイトマップを作製した方は、
「sitemap.xml」を入力するだけでいいです。



その後、「サイトマップをテスト」をクリック。


中央の上に「テストが完了しました。」と表示されたら、
「テスト結果の表示」をクリック。



11


ここで、
「エラーの詳細:エラーは見つかりませんでした。」
と表示されれば完了です。


12


これであなたのサイトは、
Googleから認識され、更新情報も送信できます。


送信する時は、
/sitemap.xml」をクリックして、
「サイトマップを再送信」を選択すれば簡単です。


13



記事を更新したり、
何かサイトを変更する度に、
サイトマップを送信する癖を付けましょう。



今回の内容は難しかったので、
分からない人は相談して下さい。


一緒に問題を解決していきましょう!

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す