ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO
どうも、緒方です。


今回の記事では、ホワイトハットSEOと、
ブラックハットSEOについて解説します。


SEOは、様々な分類が出来ます。


内部SEOと外部SEO


・ホワイトハットSEOとブラックハットSEO


などなど。


今回は、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOについて解説します。

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、

健全な手法で検索エンジン最適化を目指すSEO手法です。


内部SEOと外部SEOの記事でもお話したような手法が、
ホワイトハットSEOとなります。


“健全”とは、本来あるべき姿のことです。


検索エンジンの目的は、検索者の求める情報を提示することですよね。


ですので、タイトルと内容の一致とは、
コンテンツの質と量とか、真の被リンクが多いかとか。


そういうことが、求められるわけです。


ホワイトハットSEOを意識したサイト作りをしているサイトを
上位に上げた方がGoogleの信頼も上がりますよね。



また、ホワイトハットSEOは、
世間的にも素晴らしいと思われる手法です。


例えば僕が、

「10分で給100万円稼ぐ方法」という動画を作ったとします。


それをYoutubeにアップすることで、
多くの人の興味を惹き、見てくれますよね。


しかし、その内容が「緒方の好きな音楽集」だったら怒りますよね。


Googleも、そのような動画を高順位に持って行くことはありません。


瞬間的には上がりますが、Youtubeは最近のアップデートにより、

【関連度の高さ>再生数】

と、上位表示の基準が変わったのです。


関連度の高さとは、内容とマッチしているとか、
そういうことです。



サイトも同じで、タイトルで釣ったような記事は上位表示出来ません。


離脱率が高すぎるため、読者の求めている情報でないと、
Googleが判断するためです。



ですので、ホワイトハットSEOを意識するのであれば、
やはり内容の質は大きな要因であると言えます。



ブラックハットSEO

ブラックハットSEOとは、ホワイトハットSEOの真逆です。


被リンク販売サイトから大量の被リンクを獲得したり、
関連性の低いサテライトサイトから被リンクを送ったり。


世間的に見ても、マイナス要因の高いSEO手法なのです。


そのため、ブラックハットSEOをメインとして行っているサイトは、

大規模アップデートの標的になり、検索エンジン”圏外”に飛ばされやすいのです。



ただ、

そうは言ってもブラックハットSEOも必要です。


サイトを立ち上げた頃は、むしろブラックハットSEO重視でもいいと
僕は考えています。


被リンクは0よりもある程度数を揃えた方が、
結果として検索順位上位に行きやすいからです。


これは、様々な人の意見を聞いたり、
僕自身で試してわかったことです。


ですので、直ぐに外せる被リンク獲得が必要であって、
検索順位が安定してきたらホワイトハットSEOに変えればいいです。



今、検索結果の上位にいるサイトも、
ブラックハットSEOを使っている場合が多いです。


もちろん、ホワイトハットSEOメインですが、
ブラックハットSEOも取り入れたサイト作りをしているのです。


これも、バランスです。


いつまでもブラックハットSEOだけではダメですが、
ホワイトハットSEOだけでもダメなのです。



以上を踏まえて、今後のSEO対策方針を決めてください。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す