DAL-bookメルぞうに無料レポートを出している人は多いと思います。

しかし、無料レポートって何のために出すのでしょうか?

間違っても”単に読者を集めるため”ではありません。

もちろん無料レポートの本来の意味は”読者増”
かもしれませんが、今はそれだけじゃダメなんです。

読者増と併せて『強烈なブランディング』と『オプトイン』の獲得。

この三つを目的として作るのが無料レポートです。

これを考えると総ダウンロード数が多くて新着1位に
載ったとしても意味がないことが分かります。

せっかく苦労して無料レポートを出すわけですから、
もっと有意義に使わなければ勿体無いです。

僕が2月に出した無料レポートは総ダウンロード数470で、
そこからのオプトインは110です。

もちろん、1つのレポートです。

今レポート出している人で、
一つのレポートでここまでオプトインを獲得出来ている人っていますか?

それだけじゃなく、圧倒的な質と量を出したので、
ブランディングも出来ています。

ダウンロードされた方からのメールの一部を紹介します。

---------

しょっぴさんのレポートを読みました。
大変、勉強になりました。有難いです!

---------

---------

○○という商材を購入して、
その後、高い高いコンサルへ入ってもう2ヶ月経ちましたが、
全然稼げるような感じが持てません。

そんな私ですが、しょっぴさんのレポートを読みまして、
中身の濃さに驚きました。

ちょっとショックを受けています。

---------

どうでしょう?

もし僕が中身の薄っぺらいレポートを書いていたら、
こんなメールが来るでしょうか?

ただ、このレポートは絶賛される方もいますが、
実は5日で作り上げたレポートなのです。

ボリュームはPDF300Pで、
高額塾を超えると言っていただく方もいます。

ですが、このレポートレベルであれば実は誰にでも作れるんです。

重要なポイントがあって、そこを抑えれば絶対に可能です。

そこで、メルぞうでどうすればダウンロード数が上がるのか、
その秘訣をお教えします。

ポイントは三つ。

1.メルぞうに出てくる、タイトルと説明文

2.デザインによるコーティング

3.相互紹介

メルぞうにレポートを出す時に、
レポートのタイトルと説明文が必要です。

タイトルは120文字制限。
説明文の文字数は気にされなくていいです。(オーバーになることはありません)

メルぞう攻略の全体像をお話します。

まずは相互紹介で新着ランキングに載る

デザインとタイトル文で詳細を見せる

説明文でアクションを起こさせる

タイトル

この中で最もダウンロード数を左右するのは、
タイトルです。

このタイトルの付け方を研究して、
どんなタイトルが上位を取るのか分かりました。

※相互紹介だけで1位をとっているレポートは、
無視しています。

まず僕が作ったレポートのタイトルですが、

【Twitterアフィリエイト最新ノウハウDAL戦略】全くの初心者が1日たった30分のコピペ作業だけで1呟き1万円を達成した方法を本編PDF131ページという図解入り大ボリュームで徹底解説【コピペして使える3種のBOTデータ&3種の特典付】

これを参考にして下さい。

順番を見ると、

『名称、簡単に、短時間で、どれだけ稼げるか、詳細』
となっています。

この順番でタイトルを付けるってことを意識するといいです。

他にも細かいテクニックはあるのですが、
ここが最も大きいところかなと思います。

次に大切なのが、説明文とデザイン。

説明文とデザイン

タイトルに惹かれて詳細をした後に、
説明文がタイトル負けしていたらダウンロードされません。

また、デザインがデフォルトだったりダサかったりすると、
行動を起こしてくれないことがあります。

ですので、デザインも重要なんです。

最後の一押しとして効果的に働いてくれます。

デザイナーに頼むのに抵抗がある人は、
『3D-box maker』が無料で使えて簡単ですので、オススメです。

使い方はこちら⇒3D-box makerの使い方

トップアフィリエイターの方でもリスト獲得に悩む時代ですので、
僕のレポート作成法を学べばリスト獲得を代行することも出来ます。

そうすれば、強力なコネが出来ますし、
報酬だってもらえるわけです。

もちろん、獲得したオプトインリストを自分で使って、
報酬へつなげることも可能です。

どんどん素晴らしいレポートを生み出していきましょう!