1リモートデスクトップを使っている方は、
どのような目的で使っていますか?

もしかしたら、あなたの使い方は不必要な
使い方かもしれません。

ネットビジネスをしていてリモートデスクトップを
使っている方は、ツールに関連するのではないでしょうか?

ツールを複数起動したいから、いくつもIPが必要。

これでしたら、リモートデスクトップは必要です。

ただし次の場合はリモートデスクトップの契約は
必要ないかもしれません。

それは、

PCの電源を入れたままにしたくない

という理由の場合です。

恐らくこの理由でリモートデスクトップを
使用されている方が心配されているのは【電気代】です。

電気代が高くかかりそうだから、
リモートデスクトップを契約する。

そして出先にいる時でも、PCの電源はオフにしていても、
ツールは勝手に稼働してくれる。

ですがよく考えてみてください。

リモートデスクトップの契約料金は、
どんなに安くても1500円以上/月です。

これに対してPCを1ヶ月間つけたままにしておいた時の
電気代金は、1000円程度なのです。

どうでしょうか?

さらにPCをつけたままにしておくと、
いちいち起動を待たずに作業出来るという利点もあります。

ですので、もし電気代金を心配されてリモートデスクトップを
契約されているのでしたら、逆にお金がかかっていることになります。

ただPCをつけたままにしておくと弊害もあります。

・部屋が熱い

・寝るときにうるさい(静かなPCもある)

・パーツが劣化しやすい(かもしれない・・・)

などなど。
ですが自分が我慢できる範囲でしたら、
僕はつけたままをオススメします。

僕も常にPCをつけたままにしていますが、
スムーズに作業できていいですよ。

それにPCは消耗品だと思っていますので、
時期がきたら買い替えは必須です。

そういう意味もあって、もしパーツが劣化するのも
いいかなと思っています。

考え方次第ですが、自分に何が必要で不必要なのか、
そういう選択も即座に出来るようになるといいです。

選択の重要性について書いています。

ではでは、短いですがよく考えて選択してみてください。