12
僕は常々、このセミナーというものを心の中で否定しています。

その理由について今回お話します。

まず結論を先に言うと、

時間がもったいない

からです。

と、これはセミナーを受講生として受けに行った場合の話です。

本来、セミナーというのは”ある気持ち”を持ち合わせて行くことで、
大変有意義なものに変わります。

そのことについて、動画で話していますので御覧ください。

数万円支払っていくセミナーは、本当に価値のあるものもありますので、
それは例外として扱っています。

今回の動画で話しているセミナーというのは、
無料、もしくは数千円のセミナーのことです。

そのセミナーをどうすれば、有意義なものに変えられるのか。
それを上の動画でお話したのです。

では、復習としてセミナーを有意義に転化させる方法をまとめます。

その方法は3つ。

■セミナーのセオリーを学びにいく

■集客にいく

■講師の思考やノウハウを近くで学ぶ

さらに、これらの元になっている考え方というのは、
【仕掛ける側の視点】です。

ただ単にセミナーを受講しに行くのと、
この視点を持ちあわせて行くのでは大差が生まれます。

さらに上で述べた3つの方法を実践することで、
その差が歴然となりますので是非試してみてください。

3つの方法を一つずつ解説していきます。

■セミナーのセオリーを学びにいく

セミナーのセオリーを学ぶことは、自分がセミナーをする時に役立ちます。

セミナーというのはフロントエンドですので、
バックエンドに繋げる流れを学ぶことが出来るのです。

それってセミナーをしなくても、普段のビジネスに役立てられますよね。

ですので、セミナーのセオリーを学ぶことは、
仕掛ける側の視点を学ぶのに適していると言えます。

また、僕らはさらに富樫先生の視点を持ちながら学ぶことで、
さらに上のレベルで流れを掴むことが出来ます。

参考資料:冨樫先生の思考法

■集客にいく

セミナー参加者というのは、ネットビジネス初心者が多数です。

その中であなたが、ビジネスで先を行く者であれば、
集客することは可能になってきます。

抽象的な話になりますが、

初心者のレベルが1だとすると、あなたのレベルは5あるのです。

そうでしたら、レベル5までは引き上げることが可能ですので、
集客が出来るというわけです。

このようなマインドを持って集客することで、
集客に対する罪悪感は限りなく低くなります。

集客の方法はいくつかあって、今回は2種類お伝えしました。

1.講師の質問に対して、周りから凄いと思われる返答をする

2.懇親会で一人ひとりに声をかける

この2つを必ずしなければならないというわけではないですが、
どちらも行えることで集客は簡単になります。

その理由は、実際に会って話すことでnot believeの壁を超えやすいですし、
さらに力も認められればこの壁を容易に超えられるからです。

おすすめですので、是非実践してみてください。

■講師の思考やノウハウを近くで学ぶ

セミナーは開かれた場であり、先程も行ったように、
参加者の大半が初心者の方です。

ですので、初心者に合わせた発信をされることが多くなります。

そのような場では、学ぶことは少ないので、
あなたのレベルに合った発信を受け取りたいですよね。

というか、そういう発信を受け取らなければ、
セミナーの有意義性はガクッと落ちます。

で、直接受け取るには1対1で発信を受ける必要があって、
その方法を1つご紹介しました。

『今日のセミナー面白かったです。
この後、飲みに行きませんか?僕がおごります。

この”僕がおごります“という部分が大切で、
これを言うことによって1対1を作れる可能性は上がります。

もはや魔法の言葉というくらい、威力がありますので、
是非こちらも使ってみてください。

ではでは!