nature
どうも、翔です。

今回の記事では、コピーライティングの本質部分、
本来の役割をお話していきます。

コピーライティングには様々な表現がありますが、僕が思う本質は、

商品とお客様との仲介を果たすもの』だと思っています。

そして、コピーライティングは日常にも有り触れていて、
商品やサービスがあればコピーライティングが必ずあります。

下の図を見てください。

copywriting

この図のように必ず、

商品とお客様の間には”コピーライティング”の存在があるのです。

例を挙げましょう。

■店舗で歯ブラシを購入する場合

歯ブラシのパッケージには、
その歯ブラシのコピーや説明が書いてありませんか?

歯ブラシ-お客様

この構図だと売れにくいため、

歯ブラシ-パッケージ(コピーライティング)-お客様

という構図になっているのです。

■店舗で車を購入する場合

車を購入する場合は、「車を見て即購入」ではなくて、
一度店員さんと話しますよね。

車-店員・パンフレット(コピーライティング)-お客様

店員さんがコピーライティングスキルを習得しているかは個人差がありますが、
それでも知らず知らずに使っている人は多いです。

店員さんだけでなく、パンフレットを持ち帰り吟味する場合が多いので、
お客様はコピーライティングに触れていることになるのです。

そして、感化されコピーライティングが決め手になることも。

■ネットで本を購入する場合

これも先ほどの店舗で購入する場合と同じで、
本に関するコピーだったり説明が書いてありますよね。

本-コピーライティング-お客様

確実にこの構図が完成しているのです。

このように、リアル・ネットを問わずにコピーライティングの存在はあります。

ですので、単なる「売るための文章」ではなくて、
お客様と商品の対話を担っているものであるのです。

そのために、様々なコピーライティングのテクニックがあるというわけです。

テクニックにも、『本質的テクニック』と『テクニックテクニック』と、
2つに分けられると思っています。

テクニックテクニックしている部分は、色々なサイトにも書いてあります。

ですが、『本質的テクニック』が書いてあるサイトは少ないので、
僕の考えと交えて定義していきます。

本質的テクニックとは、

コピーライティングを使っていく上で
必ず使わなければならないテクニックのことです。

テクニックテクニックしているものは、+@の要素でしかなくて、
「あればいいな」程度の位置づけだと感じます。

僕が考えるコピーライティングの本質的テクニックで重要度の高いものは、3つ。

1.明確化

2.価値付与

3.愛

一つずつ解説していきます。

『99.99%除菌』から学ぶコピーライティング-明確化-

パワーストーンに使われているコピーライティング-価値付与-

愛のあるコピーライティング-愛-

上の3つの記事でコピーライティングの本質的テクニック部分を学んでみてください。

ここまで形骸化している現在、本質的テクニック部分が見えなくなっています。

今回、重要度の高い3つを取り上げましたが、
他にも本質的テクニックはいくつか存在しますし、使っています。

テクニックテクニックしているものは、これ以上に多数存在します。

ただ、ここで挙げた3つは確実に使うと効果が上がる本質的テクニックであり、
コピーライティングを使う以上知っておく必要があります。

この記事と上の3つの記事を通してコピーライティングの本質を、
あなたの中で定義して、ビジネスに取り入れていってください。