cat-sleep
どうも、緒方です。

今回の記事では、ネットビジネスを実践するにあたって、
睡眠時間を削る方がいいのかお話していきます。

下の動画を見て、睡眠時間を伸ばすのか、削るのか考えてみてください。

“睡眠”という観点から見ると、人は3種類に分けられます。

1.ロングスリーパー
2.ショートスリーパー
3.バリュアブルスリーパー

ロングスリーパーの人は、
長い時間睡眠を必要とする人のことです。

平均で1日10時間以上の睡眠を取らないと、
脳も体も正常に活動出来ないことをいいます。

ショートスリーパーの人は、
平均で1日3~4時間の睡眠で十分な人です。

バリュアブルスリーパーは中間で、
1日7~8時間のバランス良いとされる睡眠時間の人です。

これを見ると、ショートスリーパーの方が有利に感じませんか?

短い時間でベストパフォーマンスが発揮できますし、
1日20時間程度動き続けることが出来ますので。

だから、過去の偉業を達成した人もショートスリーパーが多かった、
そう思わないでしょうか?

確かに、ナポレオン、ビル・ゲイツ、エジソンなど、
様々な天才と言われた偉人はショートスリーパーです。

ナポレオンに至っては、1日3時間しか寝なくてよかったそうです。笑

ただ、ロングスリーパーであっても天才はいます。

有名な偉人で言えば、アインシュタイン。

アインシュタインは、1日10時間以上の睡眠をとっていたそうです。

バリュアブルスリーパーの偉人は知りませんが、
最も寿命の長い人たちはこの層らしいです。

ただ、これは先天的な要素が多く絡んでいます。

もちろん、変えることは出来るようですが、
ネットビジネスで成果を出すという観点から見ると、
この訓練の必要性をそこまで感じません。

無理に睡眠時間を削って作業するのは、
健康的にはよくありませんし。

自分に合った、睡眠時間がベストな環境を作り出せますので。

ただ、思考停止状態で出来る作業もありますよね。

例えば、Gmailアカウントを100個作るとか。
(例であり、必要かは分かりません)

そして、100個作ることが成功への近道であれば、
僕は睡眠時間を削ってでもやるべきだと思います。

Gmailアカウントを作る作業は、適度な睡眠を取ったところで
はかどりませんし、楽しい作業ではありませんよね。笑

ですので、思考停止でも出来る作業は、
睡眠時間を削って行なったほうがいいと思います。

ミスが出る可能性はありますので、そこには注意してください。

逆に、思考を働かせながら作業する場合。

例えば、セールスレターを書く場合は、
適度な睡眠が絶対に必要となります。

自分のベストを出せなければ、反応を取ることも出来ませんし、
何より感情がレターに反映されてしまいます。

ですので、思考を働かせる必要がある作業の場合には、
絶対に適度な睡眠が必要です。