bandwagon
どうも、緒方です。

今回の記事では、ネットビジネスで使える心理学
『バンドワゴン効果』の意味と使い方を解説します。

バンドワゴン効果を簡単に説明すると、

「みんなやってるから、あなたもどう?」

ということです。

“簡単に”と言いましたが、この認識で十分だと思っています。

僕もバンドワゴン効果はよく使いますし、
成果を上げている人の多くも使っている手法です。

実際の使用例を挙げて、もっと詳しく見て行きましょう。

帰属性を意識させる

バンドワゴン効果は、帰属性に基づいた手法となります。

帰属性とは、「グループの一員になりたい」

と、思わせることです。

例えば

iPhoneを買っている人が、最初にiPhoneを買った時の動機は何でしょう。

多くの人の動機は同じで、

『iPhoneを持っている一員』になりたかった。

当てはまらないと思いたい気持ちも分かりますが、
多くの人がこの動機に基いて行動した結果なのです。

これは、『実際に多くの人が使っている』ということを、
購入を決意した人も知っていますよね。

逆に、iPhoneのように流行っていないけれど
流行っている商品にしか使えないのか。

このようにバンドワゴン効果を使って、
ネットビジネスで帰属性を働かせる方法があります。

「僕は」⇒『僕らは』

あなたも含まれていますよ、
同じ集団ですよ、と言ってあげることです。

そうすることで、集団として認識するようになり、
“集団に属し続けたい”という気持ちを引き出せます。

結果、セールスにも良い影響が出ることになります。

ただし、バンドワゴン効果を使うためには、
帰属したい集団を作っていく必要があります。

好意を持ってもらえるようなブランディングをすることによって、
帰属したい集団を作っていけると思っています。

全員は不可能ですので、自分が真に囲いたい人達に好意を感じてもらえるようにです。

例えば、トイレがそうです。

「いつも綺麗に使っていただきありがとうございます」

この一文もバンドワゴン効果を使っていて、

あなたは綺麗に使う派ですよね?

って裏のメッセージが隠れています。

トイレを綺麗に使いたいグループに属する方が、
社会的にも地位が高いので多くの人が属したいのです。

バンドワゴン効果は、セールスレターでもメルマガでもブログでも、
媒体問わず使えるテクニックですので、是非使ってください。