開封ギミック-コピーライティング-
どうも、翔です。

今回の記事では、ブログやメルマガで使えるコピーライティング
『開封ギミック』テクニックをご紹介します。

開封ギミックというのは、例えばメルマガの件名が、

「交通事故にあって入院します」

このようなものです。

思わず開きたくなる、続きがよみたくなる、
そんな人間の真理を逆手に取った手法です。

ただし、開封ギミックは威力が壮大なため、
非常に注意の必要なテクニックとなります。

それは、

内容と整合性を取らせる必要があることです。

交通事故にあって入院すると書いて、
元気だったら整合性が取れませんよね。

もちろん、整合性を無視するテクニックだと分かっています。

ですが、誰のために『開封ギミック』を使うのでしょうか。

読者のためですよね。

読者が買わないと損するような商品であったり、
読まないと損するような情報だから見て欲しい。

そのために、『開封ギミック』を使うのです。

ですので、整合性がとれていない内容だと、
読者は離れていきますし、『開封ギミック』は今後効果がなくなってしまいます。

そうならないためにも、整合性を取らせる必要があるのです。

例えば、

先ほどの例を僕が使い、整合性を取らせるとしたら、

本文:こんにちは、翔です。

実は交通事故にあってしまいました。

僕にぶつかったやつはコイツです。

⇒URL

これを見た瞬間、僕の脳に「ドンッ!」と、
鈍い痛みが走りました。

強力です。

これからは、『怠惰な自分』は入院ですね。

このノウハウに没頭します!

などなど。

かなり強引ですが。笑

事故にあったという事実は、変わらないわけです。

『上手いこと言って整合性を取れ』とは言いませんが、
言ったことに対しては何としても整合性を取ったほうがいいです。

自分は整合性が取れると思うのであれば、
強力な武器の一つとして使っていってください。