Twitterからの集客
どうも、翔です。

今回の記事では、Twitterを使った集客法をお伝えします。

Twitterからの集客

今回ご紹介する手法を使う上で、
アカウントが三つ以上必要になります。

1.メインアカウント

2.接触アカウント

3.拡散アカウント

一つずつご説明します。

メインアカウント

メインアカウントの役割は、

リアルタイムでの情報発信です。

現時点での考えや、思考レベルを認知させる役割があります。

その時に発信する内容は、

・メイン媒体で長々と情報発信を短くまとめたもの

・いずれ記事にしようと思っているもの

・アイデア

です。

■メイン媒体で長々と情報発信を短くまとめたもの

長い情報をまとめる力が必要になってきます。

要点だけをまとめるのもアリですし、
新たに考えたことを付け足してもいいです。

記事のURLなどを貼らずに、文章や画像だけでつぶやいてください。

■いずれ記事にしようと思っているもの

Twitterで記事のアンケートを取る役目を果たせます。

自分がリアルタイムで思いついたアイデアを書き、
それがリツイートやお気に入りされるとします。

ということは、

反応がある内容ですよね。

反応があるのなら、それを記事にすれば
メイン媒体の情報発信も反応を取れる可能性が高いのです。

■アイデア

急に思いついたアイデアのメモ代わりにつぶやきましょう。

そうすることで、情報発信の練習にもなりますし、
アイデアを面白いと思ってくれる人も出てきます。

そうやって、興味を惹いていってください。

また、メインアカウントでは、プロフィールが重要です。

これはツイート内容にも同じことを言えるのですが、

『ネットビジネス』『アフィリエイト』等の単語は使わないでください。

以前でしたら有効でした。

認知度が低かったからです。

ですが、

最近はTwitterで稼ぐ系の迷惑なアカウントが増えたり、
稼げもしないノウハウが溢れているため、警戒されています。

そのため、『ネットビジネス』等の単語を含めることで、
胡散臭いアカウントと同列に見られてしまうのです。

ブロックされる可能性もありますし、
報告されることもあります。

そうすると、凍結リスクは高まりますし、
もちろんフォローもしてくれないでしょう。

内容も見てもらえません。

ですので、

ネットビジネス⇒ビジネス

情報起業⇒起業

このように置き換えて書いてください。

接触アカウント

接触アカウントの役割は、

フォロワーとの交流です。

ツイートしてもいいのですが、メインは交流。

ツイッターの検索層から、狙っている属性のキーワードを入力し、
どんどんフォローしていってください。

そして、彼らと交流していきます。

流れは、

フォロー⇒タイムライン上で交流⇒DM⇒媒体 or LP

タイムラインで交流する理由は、例えば、

Aさんをフォロー⇒Aさんのタイムラインで交流
⇒AさんのフォロワーのBさんもCさんも会話を閲覧可能

このような流れを作れるからです。

Aさんだけでなく、BさんやCさんにも
興味を持ってもらえる可能性が出てくるのです。

何万フォロワーも持っている人気アカウントの方と会話すると、
さらに多くの反応が期待出来ます。

拡散アカウント

拡散アカウントでは、自分の思考やアイデアをまとめ、
BOT化してつぶやいていきます。

参考記事:BOT化する方法

BOT化する内容は、出来れば反応があったものがいいです。

リツイートやお気に入りですね。

反応があったものは、他の人の価値観でも素晴らしいと判断されやすいため、
多くの反応を呼ぶ可能性があります。

注意点

1.全てのアカウントのプロフィールに、媒体かLPのURLを記載する

2.メインアカウント以外は、媒体と異なるプロフィール画像でも可

3.ネットビジネス~とか、アフィリエイト~とかを、
タイムラインやプロフィールに書かない

4.拡散アカウント以外は、ツールを使わず手動でフォローする

以上の注意点を守り、Twitterから集客していってください。