GDTの法則
どうも、翔です。

今回の記事では、人間の欲求を9つに分類した
『GDTフォーミュラ』の解説をします。

この9個の欲を上手く刺激することで、

読者から非常に高い反応が取れるコピーを書くことが出来ます。

この9つの欲求を、G、D、Tの3つに分類することが出来ます。

以下で解説します。

GDTの3つの分類

Goals(目標)

・Time-時間を使いたくない

・Money-お金がほしい

・Effort-努力したくない

人の目標に対する欲となります。

目標がネットビジネスで稼ぎたい人であれば、

【時間がかからない方法で、努力をせずに、大金を稼ぎたい】

このように思っています。

ですので、この中のどれかを盛り込んだ
セールスレターを書くと反応が取れやすいのです。

メルマガ内や無料レポートでのノウハウも、
ここを盛り込むことで反応が取れやすくなります。

Desires(願望)

・Greed-貪欲さ、力や富、名声、名誉が欲しい

・Lust-美しくなりたい、モテたい

・Comfort-苦痛から逃れたい

人の願望です。

今以上の存在になれること、そして苦痛から逃れることを書きましょう。

『今以上の存在になれる』とは、言葉の意味です。

『苦痛から逃れる』とは、
多くの人が苦痛だと思っている現状からの脱却です。

・貧乏な生活からの脱却

・友だちから好かれない状況からの脱却

・etc

これらから脱却する方法を提示することで、
多くの人の興味を惹くことが出来ます。

Teasers(本質)

・Curiousty-興味、知りたい

・Scarcity-希少性

・Controversy-反社会性

人の本質的な欲求です。

「見てはいけません」と言われて見たくなるのは、
『Curiousty』が刺激されるからです。

「○○時までのタイムセールです!」に惹かれるのも、
本質的欲求である『Scarcity』をくすぐられるからです。

ここを盛り込むことは注意が必要です。

例えば、希少性を出し過ぎるとうっとおしいし、
興味を惹こうとしすぎるのも逆効果です。

また、反社会性を使うことによって、
お客様は平常心でいられなくなります。

今まで信じてきたものと逆を言うためです。

ですので、

反社会性を使ったら、精神安定剤が必要になります。

例えば、

「寝れば寝るほど痩せられます。

寝ている時の汗の量を知っていますか?」

などなど。

僕が反社会性を使う場合は、このように、

反社会性⇒常識

この順で書くことを意識しています。

GDTの強度と盛り込む量

GDTの強度は、

G < D < Tとなります。

だからこそ、最も強いTには注意が必要なのです。

GDTを文章に盛り込むことで、
反応が取れるコピーを書くことが出来ます。

盛り込む量の目安としては、

“最低でも3つ”を意識してください。

2個以下になると、お客様は興奮しませんし、
そのため反応がイマイチになってしまうのです。

以上が、人間の欲求を9つに分類した
『GDTフォーミュラ』の解説となります。