お客様の声
どうも、翔です。

今回の記事では、お客様の声の有効性と集め方を解説します。

お客様の声

お客様の声とは、今まで自分から何か買った人であったり、
自分と関わりを持った人が推薦してくれる声のことです。

推薦の声があるのと、ないのでは、
成約数にも差が生じてきます。

有効性

セールスレターの場合、お客様の声は、
QUESTフォーミュラのEで使います。

参考記事:QUESTフォーミュラ

Eは教育部分であり、信頼関係を構築する部分でもあります。

ここにお客様の声を載せることによって、
より信頼が高まります。

例えば、何かのゲームを買おうとしているとします。

その時に、ゲームに関する情報を調べて見ると
確かに面白そうだし、やっぱり欲しい。でも・・・

という時に、親しい友だちが「面白いよ!」って言ったら、
より購入の意志が固まりますよね。

それと同じで、お客様の声は商品と信頼関係を築きやすいのです。

ただし、

見込み客と近い存在のお客様の声がいいです。

先ほどのゲームの例のように、
“親しい存在”からの声を集めるのは難しいです。

もし集めようとすれば、

見込み客一人ひとりのの親しい人物をリストアップ

リストアップした人たちに、商品を試してもらう

声を集める

このように不可能なレベルの時間がかかりますし、集まったとしても、
セールスレターの99%がお客様の声で埋め尽くされてしまいます。笑

それだと、伝えたい情報が何のか、
見込み客は混乱してしまいます。

そのため、

“近い存在”からの声がいいのです。

近い存在とは、購入以前にマズローの5段階欲求説と、OATHの法則で
見込み客と同じ層だったお客様のことです。

参考記事:マズローの5段階欲求説 / OATHの法則

スタートが今の見込み客と同じだった過去があれば、
そこから商品のおかげで成長した様を見せることが出来ます。

それこそ有力な声であるのです。

「この人、自分と同じような考え方だ・・・
じゃあ自分にも出来るかもしれない!」

というように。

ですので、近い存在の人、
複数人から声をもらってください。

その時大切なのは、様々なパターンであることです。

一つのパターンだとターゲティングの幅が狭まりますので、
複数のパターンを持つ人たちから声を集めましょう。

そうすれば、信頼関係構築に大いに役立ちます。

また、当然なことなのですが、

捏造するのはダメです。

それで騙せるかもしれませんが、
やはりどこか違和感は出てしまいます。

ですが、編集は必要です。

お客様の中には文章が得意でない人もいるため、
セールスレターの世界観と合わせるための編集は必要です。

集め方

集め方は至ってシンプルです。

これまで、自分から商品を購入したお客様や、
自分と関わった人にお願いするだけです。

ただし、中々集まらない場合があります。

それは、

そのお客様が機能的なお客様の場合が多いです。

参考記事:お客様の種類

機能的なお客様が価値を感じるのは、あなた自身ではなく、
あなたが提供できる価値です。

その価値を得られたら、あなたに用はないのです。

残酷なようですが、これが現実です。

自分が望む返報をしてもらえない可能性が高いのです。

ですので、感情的なお客様を集められるような
マーケティングを仕掛けていく必要があります。

そうすれば、あなた自身に価値を感じるお客様が集まるので、
お願いすれば、喜んですぐに声を提供してくれるようになります。

以上が、お客様の声の有効性と集め方の解説となります。