追伸
どうも、翔です。

今回の記事では、セールスレターで最後の後押しとなる
『追伸』について解説します。

セールスレターの最後には、
多くの場合『追伸』を書くことが多いです。

この追伸の役割は2つあると思っています。

1.気持ちを後押し

2.本文を読ませる

一つずつ解説します。

気持ちを後押し

追伸はセールスレターの最後に書くのが一般的です。

そのため、

迷いを断ち切る内容を置く必要があります。

上から順に読んできた方は、商品の良さを十分わかっています。

ですが、最後まで迷ってしまうものです。

情報商材だとこの傾向は顕著です。

買うまで中身が分からないためです。

ですので、上から順に読んで来た方に対して有効なのは、

『行動するメリット』『行動しないことでのデメリット』

この2つを書くことで追伸の有効性が上がります。

例えば、トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法だっだら、

行動するメリット⇒明確な道に沿って記事を書けば稼げる

行動しないデメリット⇒記事を書いても中々稼げない(明確な道が照らされないため)

このように最後に書かれることで、
行動した方が得って思ってもらえやすいです。

本文を読ませる

ブランディングが確立していない場合に
セールスレターを作るとします。

そうすると、

上から読んでもらえません。

そのような場合は、

ヘッド⇒価格⇒追伸⇒サブヘッド⇒本文

このような流れで読まれやすいです。

ヘッドがいまいちだとページが閉じられますが、
次の価格の部分を見ても閉じられにくいです。

ヘッドに惹かれた人は、興味が出たから価格を見るものです。

そのため、内容次第では購入してくれます。

3番めに見られる追伸は、最後に置くのが一般的ですので、
下から上を読ませる必要があります。

ですので、追伸に書く内容は、

本文を含めた内容であると有効です。

本文の中でもキャッチーなもの。
ブレットの内容でもいいです。

こういうものを追伸に入れると、
詳しく書かれている本文を見たくなりますよね。

そうすると、上が見てもらえますので、
商品の良さを伝えやすいのです。

以上を踏まえて、追伸の役割の2つをうまく入れた追伸を作りましょう。