LINE@登録方法と使い方
どうも、緒方です。

今回の記事では、LINEを使ってお金を稼ぐ方法と、
LINE@の使い方について解説します。

新たな情報発信の可能性

ネットビジネスで最も大きく稼げるビジネス

現在ネットを使ってお金を稼ぐ方法はいくつかあります。

ネットビジネスの種類と特徴の記事でも紹介したのですが、
ざっと上げてもこれだけの稼ぎ方がありますし
それぞれ特徴が異なります。

では何が一番おすすめなのか?

それを、

・最も長く稼げるビジネス
・応用力があり、他分野のビジネスでも活躍できる
・最も大きなお金を生み出せる

この点から考えると、『情報発信』となります。

僕が行なっているのも情報発信ですし、
僕のように短期間で月収50万円→月収100万円とステップアップ出来ます。

そんな情報発信ですが、現在手法が変わりつつあるのです。

情報発信の歴史を見てみると、

メールとブログを使った手法

メールとブログ、SNSを使った手法 ← 僕が参入したのはこの時

メールとブログ、SNS、youtubeを使った手法

このように流れています。

さらに最近では新たに、

メール+LINE、ブログ、SNS、youtubeを使った手法

このLINEを加えた手法が流行ってくることになります。

以前から少しだけブームだったのですが、
今回ご紹介するLINE@の登場により
この現象は顕著化していくことでしょう。

波に乗り遅れる前に、いち早くLINE@をビジネスに取り入れる、
もしくはLINE@を使ったビジネスをスタートさせましょう。

まだまだライバルが弱いため、
LINE@を使った手法は稼ぎ時だと言えます。

LINEを使うことで何が変わるの?

LINEをビジネスに取り入れることで変わる点、
情報発信として有利に働く点について解説します。

・手軽さ
・親近感、親しみやすさ
・心理障壁の低さ

などなど、メリットは様々あります。

その中でも最も僕が注目している点は、

『精読率の高さ』

これは他の媒体(メールなど)から考えると、
あり得ないほど高まるのです。

メールの場合で考えると、

メールがきた→あとから見よう→そのまま忘れる

もしくは、

メールがきた→気づかない

メールがきた→見たくない

このようなケースが考えられ、
読んでもらえないことが多々あるのです。

そうなれば、そこでマーケティングをやっていても
誰の目にも止まらず失敗することだってあるのです。

このようにメールを読んでもらえないこと(精読率が低い)には、
多大なデメリットがあります。

それに対してLINEを取り入れると、

LINEに連絡が来た→誰だろう?→開く

LINEに連絡が来た→見る→既読付けたし返信しなきゃ!

こんな感じで、日常使うツールのために開く頻度は高く、
また既読=返信というサイクルが深層心理に刻まれているため
精読率とともにレスポンス率も高くなるのです。

そうなれば、マーケティングの成功率も高まり、
普段から関係も築きやすくなります。

LINE@が個人でも利用可能に!

これまでも、LINEでビジネスを行なっている方は少数ですがいました。

そうは言っても、新たな情報発信の形として
LINEが組み込まれることはなかったと思います。

単なる補助ツールとしての使用方法はあったとしても、
「メインでは使えないほどのツール」という位置付けだったでしょう。

しかし、

法人企業向けに公開されていたLINE@が
個人でも無料で利用出来ることになったのです。

このことにより、LINEは単なる補助ツールではなく、
ビジネスの根幹を支えるメイン媒体として活用出来るようになりました。

これまで個人が使えていたLINEがメインツールとならなかったのは、

・自動返信メールがない
・グループを作る必要がある

ここが最も大きな理由かなと思います。

自動返信メールがないため、登録してくれた人に対して
一回一回文章を考えて送る必要がある。

グループを作らないと一斉に連絡を送れないため、
他の参加者にリアルアカウントを見られてしまう。

以上の理由によって、参加者も主催者にも大きなデメリットが存在し、
そこまでメインで使う人は少なかったのです。

LINE@で出来ること

自動返信メールの設定

LINE@のアカウントを友だち追加してくれる人がいると、

LINE@を友だち追加→LINE@から自動返信メールが送られる
(※ここでは分かりやすく連絡のことを”メール”と呼びます)

そのため、登録者にすぐに登録したことを分かってもらえ、
遅延なくアカウントが稼働していることを伝えられます。

また、「本当にこのアカウントで合ってるかな?」
という不安も取り除くことが可能です。

一括メール送信

これまではLINE上でグループを作成しなければ
一括で連絡することは出来ませんでした。

そのため、参加者同士がつながることが出来、
それが嫌という参加者もいたのです。

LINE@では、グループを使わずとも
連絡を登録者に一斉送信することが可能です。

また予約投稿も可能ですので、
常にリアルタイムで送信する手間が省けます。

1:1トーク

一斉送信だけでなく、登録者全てと
1:1で連絡することも出来ます。

通常のLINEの使い方と同じですね。

これによって、関係を築くことに繋がり
より近い立場でビジネスを行うことが可能です。

アカウントページ

LINE内に専用のホームページを持つことが出来ます。

ここで、お知らせやプロモーションなどを行なっていくことで
メインサイト同様の告知をすることが可能です。

メインサイトで更新した内容を、そのままここに反映させることで
しっかりと教育することが可能です。

ここでは、感情的価値を高める記事が有効だと思われます。
Facebookと同じような使い方が効果的です。

タイムライン

通常のLINEアカウントと同じように、
タイムライン機能が使用可能です。

アカウントページと同じように感じられますが、
大きな違いがあります。

それは、

タイムラインに投稿することで、
チャンネル登録者に対して通知がいくという点です。

アカウントページで更新した内容は、
アカウントページを見てくれなければ閲覧されません。

しかし、タイムラインに投稿した内容は通知がいくため、
多くの人に閲覧してもらいやすいのです。

そのため、アカウントページ+タイムラインに
同じ内容を同時投稿していくといいでしょう。

PRページ

PRページの一般的な使い方は、
クーポン配布などです。

情報発信をしていく上でクーポンを配布することがないため、
僕らは別の使い方をしていく必要があります。

例えば、ここでマーケティングをしていくなど。

様々な試行錯誤の上に使っていけば
PRページも非常に有効活用することが可能です。

PRページは、PC版の管理画面より利用することが可能です。

リサーチページ

リサーチページは、人気投票やアンケートのような
ユーザー参加型のコンテンツを配信することが可能です。

ここで、企画で行なって欲しいことを聞き、
それを企画に盛り込んだり。

そうすることで、企画に一体感が生まれたりと、
使い方は様々です。

こちらも同様に、PC版の管理画面から使うことが可能です。

統計情報

友だち追加数や、タイムラインへの反応などを
逐一ここで確認することが出来ます。

メルマガ同様に、こういった統計を元に
戦略を練ることが可能ですので使っていきましょう。

また、例えば、

「3月から新たな試みを始めた」のであれば、
3月からと3月以前のデータを期間指定して
ダウンロードすることが可能です。

こういった情報を元に、細かな戦略を練っていきましょう。

LINE@の登録方法

1.LINE@アプリを取得する

まずアプリが取得出来るストアへ、スマートフォンからアクセスします。

僕の場合はiPhoneを使っていますので、
Appstoreで検索し取得します。

1_0043_1

次にLINE@を起動させてください。
アプリをタップすることで起動します。

1_0042_2

2.アカウント作成

LINE@のアカウントを作成していきます。

(※この時、LINEのアカウントを事前に作成しておく必要があります。)

LINE@を起動し、最初の画面で「始める」をタップしてください。

1_0041_3

二つの規約にチェックをいれ「次へ」を選択してください。

1_0040_4

「始める」をタップした場合は、別アプリのLINEと自動的に同期されます。
「同意する」を選択してください。

1_0038_5

「ようこそ!」の上にある画像中央の「+」をタップしてください。

1_0039_6

ここで年齢確認が求められます。

そのため、各社(Docomo、au、SoftBank)のいずれかのIDを
持っていなくてはなりません。

各社のIDを使い、年齢確認を済ませます。

年齢確認を済ませると、下の画面へ変わります。

1_0037_8

ここにある4項目(画像、名前、主業種、副業種)は
全て必須項目となります。

全て入力後「登録」をタップしてください。

1_0036_9

下のような管理画面に到達すれば
登録は完了となります。

1_0035_10

LINE@の使い方

友だち追加機能

友だちを追加するための方法は、3つあります。

1.ID検索
2.QRコード

3.ふるふる

3のふるふるに関しては、リアルな交流がないと不可能なため
ここでの解説は省きます。

僕らが主に友だちを増やす方法は、1と2です。

一つずつ解説します。

1.ID検索

自分のIDを相手に伝える(メルマガやSNSなど)

相手がそのIDを検索し友だち追加

となります。

これを実践するためには、
自分のIDを知る必要があります。

IDは、管理画面から「プロフィール」をタップします。

1_0034_10-5

上から5項目にあたるIDの部分が、
友だち追加時に必要となるIDとなります。

1_0033_11

この部分をコピーして、メルマガやSNS等で拡散させ
友だちを増やしましょう。

2.QRコード

「プロフィール」の最下層にある
「友だちに教える」をタップしてください。

1_0032_12

QRコードの下にある「保存」をタップすることで
QRコードがカメラロール(iPhoneの場合)に保存されます。

1_0031_13

あとはその画像をブログなどに貼り付け、誘導することで
友だちを増やすことが可能となります。

自動返信機能

自動返信には4つの種類があります。

1.自動応答モード
2.自動応答メッセージ
3.キーワード応答メッセージ
4.友だち追加時あいさつ

ただし、僕らが使って有効な自動返信機能は
「4の友だち追加時のあいさつ」程度です。

これの設定方法を解説します。

管理画面から「応答モード」を選択してください。

1_0030_14

最下層の「友だち追加時のあいさつ」をタップします。

1_0029_15

左上の「編集」をタップし、デフォルトの返信分を削除しましょう。

1_0028_16

ここには5つのメッセージを登録することが出来、
ランダムで友だち追加してくれた方へ返信することになります。

ただし、様々な状況を想定した場合、
5つの内ランダムで返信…はあまりにもリスクが高い。

そこで、

自動返信メッセージは一つにすることをオススメします。

下の画像の窓に登録したい文章を打ち込み
「送信」を押してください。

1_0027_17

そうすると、文章が自動返信メッセージとして登録されます。
最後に必ず「完了」を押して終了しましょう。

1_0026_18

トーク

トーク方法は2つあります。

1.全体トーク
2.1:1トーク

一つずつお話します。

1.全体トーク

全体トークは友だちとなっているアカウント全員に
一斉送信出来る機能です。

まず管理画面にある「メッセージ」をタップします。

1_0025_19

「+新規メッセージを送信」をタップ。

1_0024_20

次に「メッセージ」をタップしてください。

1_0023_21

窓に送りたい文章を入れ「送信」をタップします。

1_0022_22

これで良い場合は「完了」をタップします。
(この時点ではメッセージは送られていません)

1_0021_23

「送信時間の予約」の右にあるバーを動かし、
「日付時間」をタップし送る時間を決定します。

1_0020_24

1_0019_25

ここまで設定したら「送信」をタップしてください。

1_0018_26

これで先ほど登録したメッセージが
予約した時間に一斉送信されることとなります。

2.1:1トーク

「1:1トーク」は、問い合わせをくれた方へのみ送れます。

登録した方へこちらからアプローチすることは出来ず、
何か連絡をくれた場合のみ「1:1トーク」が使えるのです。

試しに、僕のLINEアカウントから
このLINE@へメッセージを送ってみました。

1_0017_27

そうすると、LINE@の画面が下のようになります。

1_0016_28

下の「トーク」に1とついていますね。
早速見てみましょう。

下の「トーク」をタップします。

1_0015_29

そうすると「しょうた」という方からメッセージが届いています。
メッセージを見てみましょう。

1_0014_30

トークルームへ入ると、
「(友だち)追加」「ブロック」「通報」とあります。

ここで「(友だち)追加」をタップしてみます。

LINEに戻ってみると…

1_0013_31

新たな友だちとして追加されていることが分かります。
LINE@に戻りましょう。

先ほど追加した友だちに向けてメッセージを送ります。

1_0012_32

LINEを確認してみると…

1_0011_33

連絡が来ていますね!

LINE@に戻ります。

1_0010_34

おお、既読もちゃんと付きますね。笑

先ほど「友だちにこちらからアプローチ出来ない」と言いましたが、
こちらも友だち追加することによって、アプローチが可能となります。

左下の「友だち」⇒「(1:1トークをする)ユーザー名」を順にタップします。

1_0009_35

そして「トーク」を選択することによって、
このユーザーと「1:1トーク」を行うことが可能です。

1_0008_35-5

また「1:1トーク」は、1ヶ月に送ることの出来る上限である
1000通には含まれないため、無制限にやりとりが可能です。

その他機能

1.ホーム
先ほど「全体メール」の項でメール送信時に
「ホーム同時投稿」というものがありました。

1_0007_36

このホームというのは、下の部分となります。

1_0006_37

Facebookのタイムラインのようなものですので、
送ったメッセージはここにも同時投稿した方がいいです。

そうすることで、全体メッセージを受け取れなかった方
(全体メッセージ送信後友だちになった方)にも
同じようにメッセージを読んでもらうことが可能なのです。

多くの方にも読んで欲しいメッセージの場合は
ここも活用していきましょう。

2.統計情報

「管理」⇒「統計情報」と順にタップしてください。

1_0005_38

ここで様々な情報をみることが可能です。

1_0004_39

1_0003_40

3.PCで管理

LINE@をPCで管理する方法についてご紹介します。

まずは、下記のウェブサイトへアクセスしてください。

LINE@をPCで管理する

アクセスしたら、LINE@登録時に使ったLINEの
メールアドレスとパスワードを入力します。

44

LINEに登録したメールアドレスとパスワードに関しましては、
LINEのアカウントを2つ作る方法の記事を参照ください。

上記記事の「サブアカウント設定編」⇒「2.メールアドレスの設定」に記載されています。

メールアドレスとパスワードを入力したら、
「ログイン」を選択してください。

45

続いて「同意する」をクリックします。

46

先ほど入力したメールアドレスに認証コードが届いていますので、
コピーしてください。

47

コピーした認証コードを先ほどの画面に戻り
貼り付け「認証する」を選択します。

48

これで管理画面に入ることが出来ました。

49

(拡大して確認してみてください。)

あとはこれまで説明した操作をPCで行うだけです。

LINE@の削除・退会方法

LINE@のアカウントを削除する方法は、
まず「管理」⇒「メンバー・アカウント管理」の順にタップします。

1_0002_41

「アカウント削除」を選択します。

1_0001_42

「アカウント削除」をタップしてください。

1_0000_43

これでLINE@のアカウントが削除されたことになります。

最後に

LINE@を使うことで難しい作業を行わずに
稼ぎだすことは可能です。

ただし、LINE@にばかり頼りすぎるのも危険となります。

その理由は単純で、『LINE@が消滅した時』を考えてみましょう。

LINE@で獲得した友だちは0になり、お客さんが0状態となる。

そうなれば…

また集客(友だちを集めるようなこと)から始めなければなりません。

そのため、LINE@だけに頼らず他媒体(メルマガやSNS)へ
誘導しておくことが大切となります。

ここもしっかり頭の片隅に置き、LINE@を使ってみてください。

LINE@とLINEで稼ぐ方法は近い部分があります。

LINE@を上手く使っている成功者

LINE@の上手い使い方を成功者から学んでみませんか?

お金を稼ぐ方法っていくつもあるんですが、どうせなら最速で稼ぎたいものです。

僕も常々そう考えているのですが、やはり一番早くお金を稼ぐ方法は、

『成功者の考え方を参考にすること』

これです。

「成功者の考え方」って日本の学校じゃ絶対に教えてくれません。

※有名大学でも学ぶことはできません。

とはいえ、今はインターネット全盛期で、インターネットを使えば情報は取り放題です。

しかし

情報の核心部はネットで検索しても出ないことが多々あるのをご存知でしょうか?

そういった情報を取得しようと考えれば、検索能力をかなり高めるとか、裏の人脈があるとか、
今考えるだけでも難易度の高い方法しか思いつきません。

ただ、僕は毎日【本物の成功者】の考えをほぼリアルタイムで見聞きしている状態です。

【本物の成功者】とは、川島和正さん。

川島さんとは僕も何度か連絡を取ったことのあるのですが、とても親切な方で、どこかオーラが漂っている感じです。

(宗教的な意味じゃないです。)

川島さんとは?

1979年東京生まれ。

元々は平凡なサラリーマンだったが、

読書して各種ノウハウを学び実践したことにより、
20代で年収1億円、累計40万部のベストセラー出版、

年間20か国以上の旅行、
有名タレントとの同棲生活など、多くの夢を叶える。

そして、現在ではパソコン1台で
世界中どこに行っても仕事ができる生活を確立、
香港を拠点に世界を自由に飛び回っている。

ちなみに、7年連続で年収は1億。

川島さんのメルマガを読むことでどう変わるのか?

僕自身が実際に体験しているのですが、川島さんのメルマガを読むことで、

・世界中を旅されているので、日本にいながら世界のことを知れる

・今最も熱いお金の稼ぎ方を日々知ることが出来る

・日本が好きになる

こういったことを達成できます。

川島さんだからこそ発信出来る内容です。

⇒ 川島和正さんのメルマガを読んでみる

※上のリンクをクリック、またはタップし、「名前」と「メールアドレス」を入力するだけで無料で川島さんのメルマガを読むことができます。

※メルマガが不必要だと思いましたら、一瞬でメルマガを解除出来るリンクが毎回設置されていますので気軽に登録してみてください。

川島さんのメルマガは、難しい表現を使ったりされないので、わかりやすく学ぶことができます。

毎日1通ずつ送られてくる無料のメルマガを、『1分読むだけ』で上にかいてあることが学べますので、小さな本が毎日届くようなイメージです。

若いうちから、正しく本物の情報を仕入れましょう!

また、川島さんは、LINE@もされていますので、彼のメルマガ内でLINE@の紹介もあると思います。

彼のLINE@の使い方をぜひ真似してみてください。

以上で、LINEで稼ぐ方法~LINE@の登録方法と使い方~の
解説を終わりとします。