セールスレターに書いてあることはほとんどが嘘なの?

どうも翔です。

今回の記事では、読者さんから「情報発信」に関する
質問がありましたのでお答えします。

読者さんからの質問:

セールスレターにはいいことばかり書いてありますが、書いてあることは全部本当なのですか?

それともほとんどが嘘なのですか?

logo2翔の回答:

ご質問ありがとうございます。

レターによって変わります。

嘘を書いているレターも存在しますし
本当のことを言っているレターも存在します。

でも気持ちは同じなんですよね。

「この商品を買ってほしい」

というもの。

読者さんが何か好きなものを友達に勧める時、
いいことのほうが自然と多くなりませんか?

それと同じなんですよね。

ということで、レターに書いてあるいいことを
すべて鵜呑みにするのはよくありません。

いいものを紹介したいために、誇張表現になったり
ありえないことが書いてあることもありますので。

なのでレターだけで商材の良し悪しを解析したり
詐欺商材かどうか判断するのは難しいです。

そして繰り返しになりますが、これらのことをふまえ
レターに書かれている内容は嘘ばかりではありません。

レターが詐欺だとか、商材が詐欺だとか
そういう次元は早く抜けだしたほうがいいです。

「こんなレターでも数百万円の売上をあげられるのか!」

「中身がスカッスカの商材でもこれだけの売上が…」

などなど、たとえ詐欺的に酷いものであったとしても
自分が投資したことをすべて学びに変えるべきです。

社会は僕らのお母さんではないので、
詐欺詐欺ーといじけていても無視されるだけですので。

このような感じで読者さんからの質問にお答えしていきますので
お問い合わせからでも悩みをお伝えください!