メディア依存の人類--情報弱者の定義は間違ってる-

どうも、緒方です。

今回の記事では、「情報弱者」と「情報強者」に関して
僕が日々思っていることを綴ります。

以前までは頻繁に言われていませんでしたが
2chまとめが流行った頃+スマホが主流になった頃に
『情報弱者』というワードをよく目にするようになりました。

対義語である『情報強者』も同様にです。

では、一体『情報弱者』とは何を指しているのだろうか。

想像の域を超えていませんが、今であれば、

・ネットで情報収集できる人

・テレビの情報に惑わされない人

こういった人のことを指すのではないでしょうか。

特にテレビに関しては厳しいですよね。

「テレビを見ている人は情報弱者」

「未だにマスコミに情報操作された情報を見て
それを真に受けている情報弱者が多い」

確かにこれも一理あるかなとは思いますが
果たしてそうなのか。

人類の歴史であったり世界史をよく知りませんが
日本人は以前からメディアに扇動されてきましたよね。

江戸時代は、文章を主体としたメディア。

「立て札」や「瓦版」など。

昭和初期は、主にラジオ。

昭和~平成は、主にテレビ。

そして現代は、ネット。

こういうことではないんでしょうか?

何がいいたいのかというと、

自分が情報強者だと思っている人も結局は、
新たなメディアに踊らされているだけの
情報弱者なのではないだろうか?

ということです。

ネットで情報を調べるにしても
結局は運営者がいるわけです。

どのサイト(メディア)を見ても、
誰かが作った情報でしかない。

事実は別のところにあるかもしれない。

でも、ネットの情報を見ているからと言って
自分は情報強者。果たしてどうなの?ってことです。

※僕はテレビ擁護派ではありません。

では、『情報強者』と『情報弱者』って何なんでしょう?

おそらく…

これは単なる、体のいい言葉でしかないんですよね。

時には、相手よりも優位に立つために使われ。

時には、マーケティングの一環として使われ。

時には、他を先導するために使われ。

ただの言葉でしかないんですよね。

しかし、しかしですよ。

確実に情報収集能力に関しては、強者と弱者がいるわけです。

その違いは世間が考えている「それ」とは違って
明らかな定義があるはずなんですよね。

ここまで言って結論を言わないのは卑怯ですので
僕が考える定義をお伝えします。

情報強者:ある分野において専門レベルの知識者。

専門分野に関しての情報収集能力は長けている。

情報弱者:ある分野の素人~、中級者未満。

このように考えています。

僕が考える定義とはつまり、

すべての分野においての『情報強者』は存在せず
情報強者の時もあれば情報弱者の時もある。

例を挙げると、

PC関連には強いAさんがいたとして、
AさんはPCに関しては情報強者だけど

ファッションに関しては情報弱者だったりする。

逆にBさんは、PCに関しては情報弱者だけど
ファッションは情報強者。

こういうことです。

ある程度の知識がなければ
情報が正確性の判断もできませんからね。

これは今の僕が考え得る定義であって、
もしかしたら定義なんてないかもしれません。

上で「ただの言葉」と言っていますし、
今回言った”定義”というのは矛盾しています。

矛盾していますが、「そういった言葉に意味があるなら」
という体で、だったらこういう定義があるのでは?

そういった意味合いを込めて、僕が考える”定義”をお話しました。

以上です!

「いや、でも自分はこう思うよ。」
という意見があれば教えてください!