緒方です。

ビジネスにおいてリスク回避は重要です。そのために想像力を働かせ、イメージし、固定概念から危機を避ける。

でも、そのイメージは本当に正しいイメージですか?

ネットビジネスはとにかく回転が早いです。昨日まで流行っていたビジネスや手法が一夜にしてゴミになったり。最近でもそういった事例を間近で見ています。

そのため常に情報収集することが大切だと思っているのですが、新たなビジネスを始める時に多くの人が失敗しがちなことを、過去の僕の失敗談を交えてお話します。

イメージは時に危険

ご存知の方もいるかもしれませんが、僕はスマホアプリが大好きで、あるアプリを12時間トイレにも行かずソロプレイし続けたこともあります。笑

そのためスマホアプリの攻略サイトはよく見ていて、攻略サイトに「運営からのプレゼント!ここから登録すれば課金アイテム2万円分手に入るぜ!」的な広告が載っているのも知っていました。知っていましたが、「こんなの需要ないだろ…攻略に力入れろや」としか思っていなく・・・

緒方のイメージ((スマホの攻略サイトに掲載されている広告=需要がない))

こんな感じで強く心のどこかに作り上げたイメージを持ち続けていました。

しかし後に発覚する…このビジネスで月給1000万円を稼いでいる猛者もいることが…なんなら激アツなビジネスであり、僕にとっては「好きなスマホアプリ×攻略サイト」ということで最高なビジネスだということが…

悪いイメージを持っていたため参入が遅く、稼げはしたものの大きな利益は出せなかったなといった感じでした。

イメージするなら根拠を


YouTubeのコメント欄を見るとよく出ていますが、

「ソース出せよ」

この一言です。

先ほどの例を見ても分かりますが、当時の僕は「”なんとなく”稼げなさそう」と思って興味すら示さなかったんです。

ソースは?

緒方「…」

ですので、何か気になること、新しい稼げるジャンルや手法を聞いた時は、まずはイメージしてみてイメージの根拠となる情報を探しましょう。

そこで大切なのが『否定から入らない』ということです。否定から入ってしまうとイメージが固まりがちになります。

ここは経験してみないと実感できない部分ではありますが、何か新しい情報を仕入れ時の情報の正しい捌き方は、

———
新たな稼げる情報を仕入れる


イメージする

・自分はできるだろうか
・これを今のタスクに入れて問題はないか
・収益の柱になりうるのか



固定概念抜きに調べる



判断する
———

このフローをおすすめします。