緒方です。

何事も新規参入者は成功者の影を追って入ってくるものです。しかし、成功者は単なる広告塔に過ぎません。

YouTubeの成功者はヒカキンさん。将棋は羽生善治さん。最近だと藤井聡太くんもかな。野球だとイチロー選手。フィギュアスケートは羽生結弦くん。こういった感じで、成功者に憧れを持って入ってくる新規参入者はどの業界にもいます。

が、こいった新規参入者は憧れが強いため、実際の練習や作業に絶望してすぐに辞めていく傾向にあります。


たとえば、ヒカキンさんに憧れてYouTubeを始めたとします。ヒカキンさんが撮っているのと同じような動画を撮影し、ヒカキンさんのようにゲームをする。

でも…全然登録者も再生数も全然増えない。「全然楽しくない…やめよ」ってなっているようなチャンネルが多く見受けられます。

なぜこういったことが起こるのか。理由はシンプルで「自分の立ち位置がわかっていないから」です。

ヒカキンさんに憧れ同じビジネス(YouTube)を始める=ヒカキンさんと同じことをする

では成果を出すのは難しいんです。ヒカキンさんでさえ、最初は何が正解かわからず泥臭く目標(毎日1投稿など)を決めて動画を上げていたはず。今の自分の立ち位置がどこか知り、その立ち位置から上のステージに進むにはどうすればいいのか考え、実行する必要があるのです。


成功者はあくまで成功者。広告塔です。

ネットビジネスで1年に1記事しか更新しない方が年収1億円を稼いでいても、あなたは1年に1記事更新では1億円稼ぐことはできません。彼らが成功者になるまでには、僕らに見せない茨の道を通ってきてその地位まで上り詰めたのです。

ですので、「まずは泥臭く」いったほうがいいと思います。泥臭いのは決して格好悪いことではありません。その経験と積み重ねが、あなたをそのジャンルに導いた成功者(広告塔)へ近づけていくでしょう。

僕も今年の中盤あたりから「物販」という新ジャンルに挑戦しています。まだまだ不慣れで手探りな部分もありますが、毎日リサーチや仕入れ、販売と泥臭く動き続けています。

一緒に成長していきましょう!