緒方です。

マナーの悪い問い合わせが届くことがあります。そういう時にどう対処するのか、僕なりの考えをお伝えします。

ブログを運営していると誰もが通る道…だとは思うのですが、まあマナーが悪い問い合わせというのは気持ちよくないものです。

どういったものがあるのかというと、

・自分の意見や聞きたいことだけを書いた問い合わせ
・「簡単に稼げる方法を教えて!」と無料でノウハウをもらおうとする
・バカにしたような体で問い合わせてくる
・こちらが返信をしても応答しない

などなど。

今は死語と言われてますが、「ネチケット」を全く理解していない人たちがこういった問い合わせをしてきます。

ゆうきんさんも同じ経験があり、こういった人に対しての対処法を書かれています。

このような人はPCの向こう側には人がいるということを理解していないので
人と人との関わりが最も大切なネットビジネスで成功することは難しいです。


その中でも特にひどい人にいたっては、
情報弱者の中でも最も底辺に位置している可能性が高いので、
今のままではコンサルティングを行っても引き上げることも難しいです。


少し厳しいことを言うと、このような人は今の状態で稼ぐことはほぼ不可能。


どれだけ時間を割いて向き合ってコンサルティングを行ってきたとしても、
望むような結果に少しでも届かなければ急変してクレーマーになることもあります。

(ただし、価格以上の価値を提供していることが大前提で、
「誰でもたったワンクリックで1000万円」のような
魔法のノウハウを売っていてはそれは自己責任でしょう。)


この業界で2012年から活動していて思うのですが、
その性質がある人はどれだけ真摯に向き合っても本質は変わりません。


ですので、僕が考える一番の対応策としては、

「マナーの悪い人とは一切関わらないようにして、
間違ってもお客さんにはならないようにやっていく」


ということです。

マナーの悪いメールが届く場合の対応策

マナーが悪い人というのは、自分を客観的に見ることができていません。飲食店で横柄な態度を取る人と同じで、「自分が店員側だったら、こんな態度を取る客をどう思うだろうか」と考える想像力が欠如しています。

そういった方は稼ぐのが厳しいのはもちろんのこと、関わるだけで体力をどんどん奪い取られ、何でも相手のせいにする傾向があります。

相手にしない、自分の元へ来ないように注意喚起したいものです。