緒方です。

サイトアフィリエイトで稼ぎにくい商品があります。そういった案件の条件を3つご紹介します。

中にはこう変えたら売れやすい案件になるよ、というものもあります。

個人的に稼ぎにくい案件というのは、

・商品のLPが怪しすぎる案件
・そもそもLPがない案件
・知名度の低い案件

この3つの案件です。

一つずつ解説していきますね。

商品のLPが怪しすぎる案件

昨今、薬事法が厳しくなりアフィリエイター側の注意点が増えています。そんな中で時代に逆行するかのような怪しすぎるLPは危険です。

いつ販売中止になるか分かりませんし、今後は広告を紹介したアフィリエイターにも警察の手が伸びる可能性もあります。

稼げる稼げないの前に、手を出さないほうがいい案件です。

(とはいえ、怪しすぎるLPは売れにくい傾向にあります。)

そもそもLPがない案件


ASP慣れしていない広告主の可能性が高いです。初めてASPに登録してみたからLPがないような状況。

そんな広告主さんは、少し売れたらASPを退会する可能性があります。

注力しても損をする、将来的にマイナスなので稼ぐことが難しい案件となります。

知名度の低い案件


やはり、知名度が低い商品よりも知名度が高い(楽天市場のランキング上位など)商品のほうが売れやすいです。

ですが、LPが売れ筋のものの型を使ってあったり、LPに書いてある情報が納得のいくものであれば、一度ASPの担当の方に問い合わせてみてください。

「これは今後伸びそうでしょうか?」と。担当の方も嫌な顔はされないと思います。

担当者の返答によっては扱っていったほうがいい商品にもなります。(むしろライバルが少ないので○)


上記で紹介したような案件を避け、良さそうな案件があれば一度担当の方に問い合わせてみるようにしましょう。

そうやって少しずつでもコミュニケーションをとっておくと、今後の関係も良くなります。

ぜひ参考にしてください。