翔です。

情報発信をされている方や有料サロンをされているかた。YouTubeの限定公開機能を使ってノウハウを配布されている場合は、コンテンツの配布方法を見直したほうがいいかもしれません。

YouTube限定公開は限定公開にならない

YouTubeに動画を投稿したとき、「公開設定」を公開・限定公開・非公開のいずれかを選ぶ必要があります。

公開は全体に公開です。誰でもYouTubeの検索窓にキーワードを打ち込めば動画を見つけることができます。あなたの動画一覧からも探すことも可能です。

限定公開は、URLを知っている人だけが閲覧をできます。YouTubeの検索窓にキーワードを入れても、あなたの動画一覧を見ても限定公開の動画を見ることが出来ません。

非公開は自分だけが閲覧できる動画です。
 
 
動画コンテンツをYouTubeにアップし「限定公開」で公開。メルマガなどで限定公開した動画のURLを伝えて、動画コンテンツの配布を行う。

といったコンテンツ配布を行う方がいますが、実は限定公開にしても動画が公開される危険性があります。

悪意のない拡散

~~~~~~~~~~~~

限定公開された動画コンテンツを受け取った人をAさんとします。

Aさんは動画コンテンツを受け取り学ぶうちに、反復で動画見る機会が増えてきました。

しかし何度も何度も動画のURLが記載されているメルマガを探して、動画のリンクをクリックするのが面倒になってきました。

Aさん「学習の過程で過去の動画を振り返り復習する必要があるため、限定公開されている動画をなんとか手軽に見たい。

そうだ、再生リストを作ろう

~~~~~~~~~~~~

そうやってAさんが作成した再生リストに限定公開の動画を入れていくと、動画は限定公開ではなくなってしまうのです。

なぜなら、YouTubeで再生リストを作る場合、デフォルトのプライバシー設定が「公開設定」になっているからです。

Aさんが作った公開設定の再生リストに入っている動画は限定公開であろうと、誰でも見ることができます。

なぜなら、限定公開=URLを知っている人だけが見れるコンテンツであり、

『Aさんの再生リストに(限定公開された動画の)URLが載せられている』という扱いになるからです。

Aさんに悪意があろうがなかろうが、損害を被るのはあなたです。

まとめ:コンテンツ配布はサイト埋め込みがベスト

ということでYouTubeで動画コンテンツを配布するのは控えたほうがいいと思います。

もし配布する場合は無料のものだけにとどめておくといいです。YouTubeの集客効果はすごいので。

有料の動画コンテンツの配布は自サイトへ直接埋め込みが最もおすすめする方法です。

WordPressで鍵付きサイトを作成→鍵付きサイトの中の記事に直接動画を埋め込む。

これでも動画コンテンツが拡散される場合は、それは明らかに参加者の中に悪意を持った人がいるということになります。笑

鍵付きWordPressサイトのパスワードを第三者に渡しているということになりますので・・・

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。