クローラー用サイトマップの作成法(機械用)

sitemap-google
どうも、緒方です。


今回の記事では、クローラー用サイトマップの作成法と、設置方法をお伝えします。

クローラー用サイトマップ

Googleには、『クローラー』と呼ばれるロボットがいます。


このロボットは、新しいサイトやページを検索エンジンに登録する役目があります。


そのため、毎日インターネット上を巡回しているのです。


検索エンジンに情報が公開されることを、
インデックスされた』と表現します。


インデックスを行うのはクローラーで、
クローラーがスムーズにインデックスするために地図を作ります。


それが、今回お伝えするクローラー用のサイトマップです。


SNSからの集客よりも、検索エンジンからの集客が濃いので、
まずはインデックスされることを目標にSEO対策していきましょう。



サイトマップ 作成編

1.サイトマップ作成サイトへアクセス


このサイトにアクセスして下さい。



2.必要事項を記入


赤枠の部分を編集していきます。


1


それ以外の箇所は触らなくていいです。


PCサイトマップ作成の下(URL):


サイトマップを作るサイトのURLを登録します。


僕のサイトの場合だと、
『http://ogatashota.com/』と、なります。



サイトの更新頻度:


僕の場合は毎日サイトを更新するので、
「毎日」に設定しています。


自分に合った更新頻度に設定してください。


ただし、これは目安でしかありません。


「毎日」にしたからと言って、毎日クローラーが回ってくるわけではありません。


ですので、適当な値にしてください。



この2箇所を編集したら、「サイトマップ作成」をクリックします。


「作成中」と表示されますので、少々お待ちください。



3.サイトマップをダウンロード


「作成されたサイトマップXMLファイルをダウンロード」の下の、
「sitemap.xml」をクリックして、ダウンロードして下さい。


2


クリックするだけで、ダウンロード出来ます。


以上が、サイトマップの作成方法となります。
次は、サイトマップを指定のサイトへ設置していきましょう。



サイトマップ 設置編

作成したサイトマップを設置してきます。


FTPツール起動させてください。


FTPツールを起動後、指定サイトのデータが格納されている場所にいきます。


僕であればサイトをワードプレスで作成していますので、
必要なファイルが入っている場所があります。


ワードプレスで作成している場合、
以下の3つのファイルがある場所を探してください。


・wp-admin

・wp-content

・wp-includes



3


この場所が見つかったら、先程作成した「sitemap.xml」を、
3つのファイルの下に転送します。


4


これでサイトマップの設置は完了です。
あとはこのサイトマップを、Google ウェブマスターツールに設置してください。


そうすれば、クローラーが回ってくるようになります。


※サイトマップを作成しただけでは、クローラーは回ってきません。


Google ウェブマスターツールの設定を参照ください。



以上がクローラー用サイトマップの作成と設置方法になります。

記事はお役に立てたでしょうか?

拡散

無料メール講座

インターネットビジネスを使って月収10万円を稼ぐ道筋を記した【即効型成功法】



下の記事もよく読まれています

コメントを残す