kwyswap-image
どうも、翔です。

今回の記事では、不要キーを無効化してくれる、
KeySwapのダウンロード方法と使い方を解説します。

KeySwapとは

KyeSwapは、キーを無効化してくれるソフトです。

文字入力の際に不要なキーはないでしょうか。

KeySwapを使えば、

不要なキーを入力しても何も反応しないようにしてくれます。

僕はこのソフトを使ったため、作業効率化に繋がりました。

KeySwap ダウンロード編

このソフトの正式名称は、
KeySwap for XP』といいいます。

“XP”と書いてありますが、
動作OSのところに、「Windows 7/Vista/XP/2000/NT

と、あるので安心して下さい。

1.KeySwapのダウンロードサイトへアクセス

ここからいけます。

3

アクセスし、下にスクロールすると、「動作環境」という項目があります。

そこの「ダウンロード」をクリックしてください。

2.「このソフトを今すぐダウンロード」をクリック

4

3.解凍して実行

「Keyswap.zip」を解凍して、「Keyswap」ファイルにします。

「Keyswap」を開いて、「KeySwap.exe」をダブルクリック。

5

※Windows7の人は、「KeySwap.exe」をダブルクリックして実行すると、
下の画像のようにエラーメッセージが出る可能性があります。

6

そういう時は、実行方法を変更しましょう。

「KeySwap.exe」を右クリックして、
「管理者として実行する」を左クリック。

7

そうすれば「KeySwap.exe」を実行することが出来ます。

実行するとポップアップが出ますので、「はい」を選択してください。

以上でKeySwapのダウンロードが完了しました。
次は設定していきましょう。

KeySwap 設定編

1.無効化キーの選択

8

【キー名】の列に操作を無効かしたいキーを入力します。

入力の仕方は、右にあるエリアの対応するキーをクリックするだけです。

【変換キー名】には、キー操作を無効化するため、
「削除無効用【Deleate】をクリック。

これで「Caps Lock」は押しても何も起こらなくなりました。

同様の操作で、無効化したいキーを設定していきます。

5.保存

保存しないと、今の設定を再び行う必要があります。
そして、無効化されません。

ですので、今設定したものを保存しましょう。

「ファイルへ保存」をクリックしてください。

そして「1.未登録」を選択します。

9

僕は既に保存したことがあるため、
保存名が「mukou」となっています。

初期の状態では「1.未登録」となっています。

「1.未登録」をクリックすると、
「保存名を入力してください」というポップアップが出ます。

10

保存名を入力後、「OK」をクリックします。

保存名は自分が分かりやすい名前でいいです。

これで保存は完了です。
最後に、右上の「×」を押して終了してください。

6.再起動

このままでは、無効化したキーが使える状態となっています。

試しに無効化したキーを押してみてください。
恐らく反応すると思います。

ですので、一度再起動してください。

すると、無効化したキーが無効化されています。

以上が、KeySwapのダウンロード方法と使い方の解説となります。